トータル3アンダー・23位タイで終えたウッズ(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ファーマーズ・インシュランス・オープン 最終日◇29日◇トリーパインズGC(7,698ヤード・パー72)>
1年ぶりのツアー復帰戦は、トータル3アンダー・23位タイ。最終日を4バーディ・4ボギーで回ったタイガー・ウッズ(米国)が、7度の優勝を誇る「ファーマーズ・インシュランス・オープン」での4日間を終えた。
【連続写真】1年ぶりの復帰、タイガーのニュースイングはまるで「武術の達人」
ティショットを曲げ倒したウッズ。深いラフやトラブルからのショットなど、あらゆるライから打つことができたのは、逆に収穫だった。自宅があり、練習してきたフロリダは「深いラフもないし、試合でどこまでできるか分からなかった」と、4度の手術を乗り越えた腰に不安を覚えながらの4日間の中、「いろんなことを試しながら戦うことができたのはよかった」と、フィジカル面では課題をクリア。スコア以上に得たものが多かった。
試合の感覚を取り戻したと同時に、パット、アプローチの精度は高かった。スコアメイクをする上で大事なショートゲームはさび付いておらず、かつての王者の風格が漂った。それでも、次戦の「ジェネシスオープン」までの2週間のオフで「全てに取り組まないといけない」と課題は多い。特にフェアウェイキープ率最下位のティショットの修正に迫られるが、1年ぶりの実戦、スイング、クラブを変えて臨んだ試合という点を考慮すれば、よく戦った。
同組で回った松山英樹もウッズを評価。昨年のバハマ以来のペアリングとなったが、「雰囲気は変わっているし、スイングとかも変えているのかなという感じです。2週間後がたのしみですね」と期待を口にした。
「“65”で回ればプレーオフのチャンスがあったと思う」とラウンド後に振り返ったウッズ。「タフなコンディションの中、よく戦った」。この日の10ホール目、1番ではティショットを358ヤード飛ばし、ファンを熱狂させた。絶対王者の完全復活へ、42歳になったウッズが、再び黄金時代をつくり上げる日は近そうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ファーマーズ・インシュランス・オープン最終結果
畑岡参戦!米国女子ツアー開幕戦「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」リーダーボード
タイガー・ウッズ 一時イップスと疑われた好調な“寄せ”でスコアをまとめる
「どこが悪いのか分からない」松山英樹、課題が残るも最終日はタイガーとの注目組に
テーラーメイド『M3』の【Yトラック】の実験で、タイガー・ウッズの復活を確信!