子育ては大変なこともありますが、楽しいこともいっぱい! 子どもの成長を間近で感じられることはとてもうれしいですよね。日々の変化に驚いたり、うれしくなったりと飽きることがありません。ここでは、女の子を育てるお母さんたちに、育児あるあるを聞いてみました! 女の子の育児ではどんなことがあるのでしょうか?

おしゃべりが大好き

「学校から帰ってくると四六時中しゃべってる! おかげで、娘の友達のお母さんが痩せたっていう話まで知ってる始末(笑)」(30代/主婦)

▽ 女性はおしゃべりが好きなもの。それはもちろん、小さな女の子だって同じです。幼稚園や学校から帰ってくると、息をつくひまもないくらいに弾丸トークをしてくる娘たち。友達から聞いた話や先生の話まで事細かくするので、担任の先生に彼氏がいないことや結婚願望があることまで知らされてしまうケースもあるようです。

ふりふりの服を着せたくなる

「ピンクとかレースとかりぼんとか、自分では縁のない服も娘になら着せたくなる。自分の服を買う回数よりも娘の服を買う回数が圧倒的に多くなった」(20代/IT)

▽ 自分では着られないような女の子らしさ全開の服も、娘にだったら着させられますよね。「これも着てほしい!」「あれも着てほしい!」と着せたい服はたくさんあるのに、お金の都合で断念してしまうことも。ふりふりした服やレースがふんだんに使われている服をたくさん着せてあげたくなるママたちが多いようです。

ヘアアレンジが楽しい

「あみこみとか、色んなヘアアレンジをしてあげたくなる! ただ、娘も慣れてきたのか次第に『あれやって!』とか『ここをもっとこう!』って注文をつけてくるようになって面倒に(笑)」(30代/看護師)

▽ 女の子ならではのお楽しみといえばヘアアレンジ。ふたつむすびにしたり、ポニーテールにしたり、あみこみにしたりと色んなバリエーションが楽しめます。また、子ども用のヘアゴムも色んな種類の可愛らしいものが多いもの。「今日はこのヘアゴムを使ってね!」と娘に頼まれるのもうれしいですよね。とはいえ、子が成長してくるとこだわりもでき「もうちょっとこうやって!」なんて注文をつけてくることも。

お洒落に興味津々

「私が使っている化粧品とか手鏡とか、アクセサリー類が大好き! お洒落に興味があるみたいで『私もやりたい!』ってせがんでくる」(20代/主婦)

▽ お洒落に興味津々な年頃になると、ママの化粧品やアクセサリーを「つけてみたい!」とせがんでくるようになります。色つきや香りつきのリップクリームでも子どもにとっては大喜び! 小さなお洒落で喜んでくれる娘の姿を見るのはいいものです。

パパが娘にメロメロ

「とにかく旦那が娘に激甘! 最近は賢くなったのか、私が娘を注意するとパパを味方につけるようになった(笑)」(30代/公務員)

▽ 可愛い娘にとにかくパパがめろめろ! なんてことも。溺愛するあまり、娘がパパを味方につけるケースもあります。「パパと結婚する!」なんて言っている期間も限られているので、貴重な期間を思う存分パパには堪能してもらいましょう。

おませさんで服にダメ出ししてくる

「服を着替えていると、『ママはこの色のほうがいいよ』とか『それはママに似合わない!』とかダメ出ししてくる。おかげで夏なのにストールを巻かなきゃいけない格好にさせられたことも(笑)」(30代/不動産)

▽ お洒落な女の子は、ママの服にアドバイスをくれます。「ママ、こっちの色のほうが似合うよ」「今日もママ可愛いね!」なんて褒めてくれるのはうれしいですが、「ママ、全然だめ!」「ママ、着替えて!」なんて言われるとちょっと面倒くさいかもしれません。