“負けない”バルサ Wエースの5試合連続アベック弾でクラブ記録の開幕21戦連続無敗

写真拡大

アラベスに先制を許す苦しい展開もスアレス、メッシの活躍で逆転勝利

 負けないバルセロナが、8年前に並んだ――。

 現地時間28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節アラベス戦でバルサは2-1で逆転勝利。首位と快走するなか、リーガ公式ツイッターはこの勝利で21戦連続無敗となり、クラブ記録に並んだことを伝えている。

 バルサはこの日、今冬の移籍市場で獲得したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを左サイドに置き、キックオフの時を迎えた。しかし、この日は序盤からアラベスのカウンターに苦慮すると、同23分にスウェーデン代表FWヨン・グイデッティに先制点を許し、そのまま前半を1点ビハインドで折り返す。後半に入っても低調な出来が続いたが、その状況を打開したのはやはり“ダブルエース”だった。

 後半27分にスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの巧みな突破からのクロスにファーサイドでウルグアイ代表FWルイス・スアレスが巧みに合わせて同点に追いつく。同38分にはゴール前約20メートルの直接FKで、キッカーを務めたのはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。直近の試合でプレースキックに一層の冴えを見せるレフティーは、難なくゴールへと流し込み勝ち越しに成功。本拠地カンプノウでやや苦しみながらも、しっかりと結果を得た。

名将ペップ率いる8年前の記録に並ぶ

 L・スアレスとメッシの5試合連続アベックゴールによってもたらされたのは、8年前と並ぶ記録だった。第21節終了時点でバルサは18勝3分けといまだ無敗を誇る。リーガ公式ツイッターは「2009-2010グアルディオラ、2017-18バルベルデ。バルセロナはシーズン開幕からの21戦連続無敗でクラブ記録に並んだ」と記している。

 ペップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)体制の8シーズン前は、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得し、FIFAクラブワールドカップを制するとともにイニエスタ、元スペイン代表MFシャビ、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツら中盤のポゼッションが熟成されたシーズンだった。

 このシーズンでバルサはリーガ制覇を果たしているが、就任1シーズン目のエルネスト・バルベルデ監督も同じような勢いに乗り、チームの覇権奪回へ着々と首位固めをしている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images