元フィギュアスケート選手の村主章枝が赤裸々に告白

写真拡大

1月28日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 2時間スペシャル」(テレビ朝日系)に元フィギュアスケート選手の村主章枝氏がゲスト出演。引退にまつわる苦悩と裏事情を赤裸々に語った。

【写真を見る】2017年には大胆な写真集を発売した村主章枝

村主氏は33歳で現役を引退したが、フィギュアスケートの世界では10代でトップに登り詰める選手も多く、30代まで現役を続ける選手は少ない。2006年のトリノ五輪では、ライバルの荒川静香氏が金メダルを獲得する一方、村主氏は惜しくも4位入賞に留まりメダルにあと一歩及ばなかった。

この時点で25歳だった村主氏とって、トリノ五輪後に引退してもおかしくない“引き際”を迎えていたのだが、村主氏は現役続行を決意。その時期の迷いについて「(トリノ五輪でメダルを取っていたら)銅でも辞めていたかもしれない」と村主氏は心中を打ち明けた。

五輪出場を目指して現役を続けた村主氏だったが、2010年のバンクーバー五輪では代表入りを逃す結果に。このタイミングでも現役続行を決めたが、その決断について村主氏は「ここからが地獄の始まりでした」と振り返る。

29歳という選手としてのピークを過ぎた村主氏の元からはスポンサーも去っていき、無収入のまま選手生活を送る日々が始まってしまったという。

フィギュアスケート選手の活動費は年間でおよそ2000万円ともいわれており、父親の退職金と母親の貯金を活動費に充てていたと村主氏は告白。続けて「(両親の老後の資金を使ってしまったことが)最大のしくじり」「父と母には本当に申し訳なかった」と村主氏は胸の内を明かした。

その後、2014年のソチ五輪も代表入りを逃すが、「有終の美を飾って終われる選手なんてほんの一握り」という妹の言葉をきっかけに村主氏は33歳で引退を決断。

現在、カナダを拠点に振付師として活動している村主氏は「引き際は自分で決められない。今を一生懸命に生きるしかない」と顔を上げて語っていた。

この放送後、SNS上では「村主さんカッコ良かった!」「村主さんがプロデュースするアイスショーを見てみたい」「この生き方は全然しくじってない」というコメントが寄せられていた。(ザテレビジョン)