部下が許す朝令暮改 許さない朝令暮改

写真拡大

人に何かを頼んだとき、どうして言った通りにしてくれないのか。その原因は、あなた自身の言い方や口グセにあるのかもしれない。24の症例とともに、改善するための「処方箋」を明らかにしよう。今回は、人事教育コンサルタントの本田有明氏に「言うことがころころ変わる」について聞いた――。(全24回)

※本稿は、「プレジデント」(2016年10月31日号)の特集「『超』ウケる言い方入門」の記事を再編集したものです。

■なぜ言うことがころころ変える上司は嫌われるか

世の中には、相手に何か言われるとすぐに言動を変える優柔不断な人や、その場の思いつきだけでものを言う人、感情の起伏が激しくて、すぐカッとなってそれまでと違うことを言い出す人など、言うことがころころ変わる上司がめずらしくありません。

ある会社に、部下から「織田家康」というあだ名をつけられた人がいました。この人は武将の話が大好きで、読むとすぐに影響を受けてしまうのです。

雑誌で織田信長特集があると、部下への指示も「信長の寺への焼き討ちのように、仕事も素早さが肝心なんだ」となり、徳川家康特集があると、「仕事は『鳴かぬなら、鳴くまで待とう』という精神で、慎重に進めることが大切だ」と変わるのです。

部下たちはその人が「急げ」と言うと「信長になった」、「慎重に」と言うと「家康になった」と笑い、「次にマキャベリの特集が出たら、『目的のためには手段を選ぶな』と言い出すぞ」と言っていたものでした。

仕事にはいろいろな状況があり、それによって対応の仕方も変わってきますから、上司が前回と違う指示を出すのは、ある程度は当然のことです。ただし覚えておいてほしいのは、「部下への指示には3つの段階がある」ということです。

第1は、常に変わることのない、仕事上の基本的な「方針」レベル。
第2はお客や案件ごとに対応を変えていく、「戦略」レベル。
第3は、個別の状況ごとに変わる「戦術」レベルです。

■意見が変わったら、自分もそれを潔く認める

部下に指示した内容が基本的な方針ならば、簡単に変えてはいけません。しかし戦術については、むしろその時々の状況に応じて、臨機応変に変えていくことが求められます。大事なのはその区別をはっきりさせることです。

もしあなたが「言うことが毎回変わる」と部下から不信感を持たれているとしたら、部下に自説をぶったり、指示を出す前に、「待てよ。今から言おうとしているのは、3段階のどれについての話なんだ?」と自問する習慣をつけるといいでしょう。

実際に部下に指示を出す場合にも、「これはうちとして曲げられない基本方針だ」「これはあくまで今回かぎりの対応だ。こういう対応は、相手や状況によって柔軟に変えるものなんだ」と断りを入れるのです。そうしておけば、明らかに前回とは違う対応の指示を出したとしても、部下は「ケース・バイ・ケースで違ってくるのは当然だよな」と解釈し、不信感を抱くことはなくなります。

もう1つ大事なのは、意見が変わった場合に、自分からそれを認めること。何かの問題について新しい情報が入ってきたら、「認識が間違っていた。本当はこうだった」となるのは、当然のこと。「前におれが言ったことは間違っていた」と素直に認められる上司は、「度量の大きな人だ」と部下から尊敬されます。「言うことがころころ変わる」と陰口を言われている上司は、そのことに気がついていないのです。

----------

本田有明(ほんだ・ありあけ)
人事教育コンサルタント、本田コンサルタント事務所代表。1952年、兵庫県生まれ。慶應義塾大学卒業。社団法人日本能率協会勤務を経て、96年に独立。経営教育、能力開発などの分野で活躍。『上司失格!』『結果主義のリーダーはなぜ失敗するのか』など著書多数。
 

----------

(人事教育コンサルタント 本田 有明 構成=久保田正志 撮影=永井 浩)