小平智は結果オーライ?2週連続の2位で大会を終えた(提供:大会事務局)

写真拡大

<レオパレス21ミャンマーオープン 最終日◇28日◇パンラインゴルフクラブ(7,103ヤード・パー71)>
日本とアジアの共同主管大会「レオパレス21ミャンマーオープン」の最終ラウンドが終了し、トータル3アンダー・18位タイから出た小平智が、この日8バーディ・ノーボギーの“63”と大爆発を見せた。スコアをトータル11アンダーまで伸ばし、「SMBCシンガポールオープン」に続いて2週連続の2位フィニッシュ。このビッグスコアの裏には、ある誤報?の存在があった。
【関連動画】レオパレス21ミャンマーオープン最終日、日本人選手ハイライト
「スタート前に、5位以内に入れば来週の『メイバンク選手権』(アジアと欧州の共催大会)に出られるって聞いて。それをモチベーションに頑張った」という小平。見事にトータル2位タイでフィニッシュを決めたが、ホールアウト後にこれがまったくの“誤報”だったと知らされる。
「アジアンツアーのメンバーじゃないと出場できないと聞かされて…(笑)」と、これには小平も苦笑い。しかし、「結果的にそれがモチベーションにつながってプレーできたので、その点ではよかったかも」と、結果オーライ!?
不幸中の幸いはこれだけではなかった。最終18番パー5のセカンドショットをグリーン手前の池に入れてしまい、ドロップして迎えた打ち直しの4打目。「得意な80ヤードの距離に(ドロップ)して、パーを取るつもりで集中した」という一打がそのままカップイン。「最後はオマケまでついて…。あんなこともあるんですね」と、想定外のバーディ締めに白い歯をのぞかせた。
今大会の結果により、世界ランキングは42位から30位代まで上昇する見込み。3月末の世界ランキングで50位内に入れれば、念願である4月開催の「マスターズ」出場権を獲得できる。「年末ごろのゴルフは50位内を目指すつらいゴルフだった。今はパット、アプローチがかみ合ってくれているので、のびのびとプレーができている」と語る。次戦は1週間のオフを挟み、欧州・アジア・オーストラリアの共催大会「ISPSハンダ・ワールド・スーパー6パース」に出場。昨年末、取りこぼしたオーガスタへの切符をつかみ取るまで、小平は海の向こうで戦い続ける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

レオパレス21ミャンマーオープンの最終結果
松山英樹、タイガー・ウッズが出場 ファーマーズ・インシュランス・オープンのリーダーボード
入籍発表の小平智、古閑美保「昨年から結婚を意識」
小平智のプロフィール
宮里優作は後半大失速 2年連続のV逸に「スイマセンでした」