女性のカラダ作りに欠かせないココナッツオイル、MCTオイルのパワーに注目

写真拡大 (全5枚)

油はダイエットの敵と思われがちですが、実は、油こそダイエットの味方!バターコーヒーや、オメガ3系オイル、ギーなど、トレンドのオイルがたくさん登場しているのはそのためです。中でも注目したいのが、ココナッツオイル、MCTオイル。毎日少しずつ取り入れるだけで、ダイエットに役立つのはもちろん、ホルモンの材料となり、肌や髪の代謝を促すなど女性の体のメンテナンスに大活躍。ランニングや筋トレを取り入れているアクティブ女子はもちろん、ちょっとズボラなオトナ女子にもぴったりの、オイルのパワーをチェックしてみましょう。

太りやすい、疲れやすい…オトナ女子の悩みを解決!
ココナッツオイル、MCTオイルの四つのパワーとは?

01.太りにくい

MCTオイル、ココナッツオイルの主成分、中鎖脂肪酸は、ヤシ科の種子に含まれている天然成分で、一般的な油より素早くエネルギーになるのが特徴。そのスピードの差はなんと約4倍!だから、体脂肪になりにくく、ダイエットにぴったりなのです。

02.体脂肪燃焼が加速

一般的な油は、一度体脂肪として蓄えられ、まずは糖質の代謝が優先されます。一方、MCTオイル、ココナッツオイルは体脂肪として、蓄えられずに素早くエネルギー化されるため、体は自然と脂肪燃焼モードに。その結果、体脂肪の燃焼が加速し、ダイエットにつながります。

03.運動時の持久力がUP

油は少量で多くのエネルギーを生み出す効率のよいエネルギー源です。特に運動時は、スピーディにエネルギー化されるMCTオイル、ココナッツオイルがおすすめ!継続摂取で、疲れにくく、持久力がUPするという実験データもあります。

04.食欲を抑える

ダイエット中は油を敬遠しがちですが、物足りなさの反動で食欲が爆発してしまうケースも珍しくありません。その点、MCTオイル、ココナッツオイルはコクがあり、腹持ちも抜群。体に溜まることなく、食欲を抑えてリバウンドを防いでくれます。

ココナッツオイル、MCTオイルはとても手軽!
だから続く、ダイエット効果も出る!

MCTオイルは無味無臭でクセがなく、どんなメニューにも合わせやすいのが特徴。ココナッツオイルは南国を思わせる甘い香りで個性がはっきりしているので、取り入れ方はとても簡単。どちらも小さじ1程度を一日に2〜3杯取り入れるだけでOKだから、頑張らなくても大丈夫!無理なく続けられるからこそ、ダイエット効果も確実に得られるのです。

“ちょい足し”するだけでOK!

ココナッツオイル、MCTオイルの取り入れ方はとても簡単。いつものドリンク、スープ、サラダなどに“ちょい足し”するだけで、ダイエットメニューに早変わり!話題のバターコーヒー感覚でブラックコーヒーにひとさじ加えるのもおすすめです。

MCTオイルは無味無臭!どんな料理にもマッチ

MCTオイルは無味無臭でクセがなく、サラリとしていてとても使いやすいオイルです。シンプルな料理に合わせても、素材の香りや味わいを邪魔しません。スープやサラダ、カルパッチョはもちろん、風味が強いハーブ料理、和食にも、ぜひ合わせてみてください。

ココナッツオイルの甘い香りで、甘さ控えめでもリッチな味わい!

南国を思わせるココナッツオイルは、パンケーキなどのスイーツ、カレーなどのエスニック料理と相性抜群。特にダイエット中は、スイーツにココナッツオイルを取り入れることで、甘い香りの効果でシロップや砂糖などの甘味調味料を控えることができます。

いま話題の2つのオイル、難しく考えずに手軽に毎日の食事に取り入れられそうですね!
スプーン2〜3杯の摂取をコツコツと続ければ、身体も内側から少しずつ変化していくはず。料理を楽しむ余裕も生まれて、ダイエットにもいい効果が生まれるかもしれませんね。

ライター:藤岡操(フードコーディネーター、栄養士)