【1月28日まとめ】フェデラー涙の2連覇!混合ダブルスはダブロウスキー/パビッチ組が制す[全豪オープン]

写真拡大

1月28日は、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の14日目(最終日)、男子シングルス決勝、混合ダブルス決勝が行われた。

男子シングルスは、世界ランク2位ロジャー・フェデラー(スイス)と世界ランク6位マリン・チリッチ(クロアチア)の対決。第1セットからフェデラーに押され気味にも見えたチリッチは第2セット、第4セットと瀬戸際で巻き返し、試合は最終セットへもつれ込む。しかしここからフェデラーが押し切り、6-2、6(5)-7、6-3、3-6、6-1で「全豪オープン」2連覇を勝ち取った。

混合ダブルスでは、ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/マテ・パビッチ(クロアチア)がティメア・バボス(ハンガリー)/ロハン・ボパンナ(インド)を下して優勝。

ダブロウスキーとボパンナ、2017年にはペアとして「全仏オープン」に出場しグランドスラム初優勝を飾った両者の対決は、2-6 6-4 11-9と、最終セットの激戦を制したダブロウスキー/パビッチに軍配が上がった。

◇   ◇   ◇

【1月28日 主な試合結果】

◆男子シングルス
決勝

○ロジャー・フェデラー(スイス)6-2、6(5)-7、6-3、3-6、6-1●マリン・チリッチ(クロアチア)

◆混合ダブルス
決勝

○ガブリエラ・ダブロウスキー(スイス)/マテ・パビッチ(クロアチア)2-6 6-4 11-9●ティメア・バボス(ハンガリー)/ロハン・ボパンナ(インド)

(テニスデイリー編集部)

※写真は優勝を喜び涙するロジャー・フェデラー(右)とマリン・チリッチ
(Photo by Michael Dodge/Getty Images)