(写真=MBC MUSIC『SHOW CHMPION』)セレブ・ファイブ

写真拡大 (全3枚)

荻野目洋子のヒット曲『ダンシング・ヒーロー』に合わせて踊る“バブリー・ダンス”で関心を集めている登美丘高校ダンス部。

昨年末には紅白歌合戦にも出演して話題を呼んだが、韓国でも彼女たちのバブリー・ダンスが注目されていることをご存じだろうか。

きっかけは、韓国の女性芸人で結成されたダンスユニット「セレブ・ファイブ」が、彼女たちのバブリー・ダンスをカバーしたことだった。

セレブ・ファイブは、1月17日にMBCで放送された『SHOW CHAMPION』に出演。美丘高校ダンス部と瓜二つともいえる衣装・メイクで登場し、『ダンシング・ヒーロー』(原曲はアンジー・ゴールドの『Eat You Up』)に韓国語で歌詞を当てた替え歌に合わせてバブリー・ダンスを披露した。

(参考記事:【動画】韓国で登美丘高校ダンス部の“バブリー・ダンス”を完コピした女芸人ユニットが話題

韓国女芸人の動画がたびたび話題に

セレブ・ファイブのメンバー5人は、キム・シニョン、ソン・ウニ、シンボンソン、アン・ヨンミ、キム・ヨンヒ。


(写真提供=SPORTS KOREA)ソン・ウニ


韓国では有名な売れっ子の女性芸人だけに、彼女たちのダンスは放送から約1週間が過ぎた現在でも、関連報道が絶えないほど大きな反響を呼んでいる。

韓国の最大手ポータルサイト『NAVER』でも、セレブ・ファイブがリアルタイム検索ワードランキングで1位に入ることもあったほどだ。

韓国の女性芸人といえば、例えば“美しすぎる女芸人”と呼ばれるキム・ミヨンなど、際立った特長がある者たちが多くメディアで取り上げられる傾向にある。

昨年5月には女性芸人カン・ユミが、YouTubeに投稿した動画が波紋を呼んだ。

カン・ユミはチャンネル登録者数が1万9000人を超える女性芸人だが、「カン・ユミ、整形前と後で変わった10のことを正直に告白」というタイトルの動画をアップして、それがニュースにもなったほどだった。

そうした文脈のなかで今度はセレブ・ファイブのように、ダンスによってスポットライトを集める女性芸人たちが誕生したのだから、面白い。

“パクリ疑惑”も浮上したが…

もっとも、その話題性の大きさから、放送直後には一部で“パクリ疑惑”も浮上した。


(写真提供=SPORTS KOREA)キム・シニョン(左)


登美丘高校ダンス部のパフォーマンスは、昨年9月ごろから韓国でも一部では知られていたこともあり、セレブ・ファイブのダンスが登美丘高校ダンス部をパクったとの意見が挙がったのである。

韓国ではこれまでも、様々な作品やキャラクターに“日本のパクリ”との疑惑が付きまとってきたが、彼女たちのパフォーマンスもその例にもれなかったわけだ。

もっともセレブ・ファイブ側は、パクリ疑惑をきっぱり否定している。

セレブ・ファイブの関係者はダンスで使用した楽曲について、「原曲の権利を持った会社に許諾を受け、ダンスを披露した」と説明。セレブ・ファイブのメンバーもバブリー・ダンスを披露することについて、本家の登美丘高校ダンス部から直接許可を得たと明かしているのだ。

ユニット活動の発起人であるキム・シニョンはこう話している。

「昨年の秋に登美丘高校ダンス部の映像を見て、あてもなく一人で登美丘高校を訪ねたんです。そこで、ダンス部とakaneコーチから直接許可をいただきました。本番前にも日本を訪れて、ダンス部のメンバーにパフォーマンスを見てもらいましたよ」

つまりセレブ・ファイブのバブリー・ダンスは、本家のお墨付きをもらった“カバー”だということだ。

韓国では日本のドラマや映画がリメイクされることも多いが、セレブ・ファイブの活動もまた、日韓の文化交流という意味で歓迎すべきことだといえるだろう。

実際、彼女たちのダンスを機に、韓国メディアも登美丘高校ダンス部にも視線を向けている。

「セレブ・ファイブの元祖、“登美丘高校ダンス部”何をしている学生たち?」(『国際新聞』)、「セレブ・ファイブ、モチーフにした日本のダンスチームと比較すると…“シンクロ率100%”」(『東亜日報』)、「セレブ・ファイブの元祖“TDC”とは? “部員だけで90人”」(『世界日報』)といった具合である。

韓国にもブームを巻き起こしている“バブリー・ダンス”。セレブ・ファイブは近々CDデビューするとの噂もあるが、日本発祥のコンテンツ(パフォーマンスともいうべきか)が韓国でどこまで人気を広げるか、楽しみだ。

(文=慎 武宏)