Wireless Charger & Power Bank(EWP-01)は、無接点給電「Qi」に対応したモバイルバッテリーだ

 筆者にとって、モバイルバッテリーやUSBメモリーは、単なる道具の域を大きく超えて趣味のコレクションアイテムとなっている。明らかに自分の必要数量を大きく超えて持っているモノの筆頭を挙げるとするなら、このどちらかになるだろう。

 どこかの国で新しい商品が発売と聞けば、よほどのことがない限り、まずは自分で購入して使ってみる。今回紹介するのも、いつものようにネットショッピングをしていて偶然見つけたアイテムだ。

 商品名は「Wireless Charger & Power Bank」(モデル名:EWP-01)と少々長ったらしいが、提供できる機能が商品名に全て含まれている分かりやすい商品だ。すなわち「無接点充電器」と「モバイルバッテリー」の両機能を搭載したガジェットだ。

昔は丸いモバイルバッテリーなどまずなかったが、市場が拡大し商品が市場に行き渡るとデザインコンシャスの面白い商品が登場してくる

本体へ給電中なら、Qi対応のスマホはただ置くだけで充電できる。きわめて快適だ

ワイヤレス(ケーブルレス)とはいえ、本体を充電するためにケーブルは必要。またQi対応ではないスマホに充電する場合も同様だ

 パッケージには無接点充電の業界標準である「Qi」に対応し、出力は5V/1Aと表記。容量が1050mAhのバッテリー本体、microUSBケーブル、取説が入っている。スマートフォンと接するQi出力の部分はミラー仕上げになっており、女性も男性もアイデア次第で便利に使えるだろう。

 デスクやサイドテーブルに置いて「ケーブルレス充電器」として使用する場合は、壁面のUSB/ACアダプターからの給電ケーブルをEWP-01のmicroUSBポートに挿して使用する。Qi対応のスマホなら、必要な時にスマホを使い、使い終わったらEWP-01のミラー面に置くだけで即充電が開始されるのできわめて快適で便利だ。

 また、EWP-01は重さが実測96gと軽量で、Qi対応のスマホの背面に押し当てて一緒に持つだけでワイヤレス充電ができてしまう。

筆者のQi対応のGalaxy S8+は、このように置くだけで充電開始する

モバイルバッテリーとして使用する時は、背面中央のQiアイコンが描かれた丸いボタンを押すとスマホへの充電が開始される

バッテリー本体はたった96gなので、このように両方持っても軽い。接合面には丸いゴムの滑り止めがあるのでズレもない

 Qi対応ではないスマホや他の機器に充電する場合は、付属のmicroUSBショートケーブルを使用する。筆者はスマホのセカンド機として使用しているiPhone 7 Plusにモバイル環境で充電するために、EWP-01と一緒にLightningショートケーブルも常時持ち歩いている。

Qi対応ではないスマホはケーブルで接続。ショートケーブルなら一緒に持っても邪魔にならない

 ケーブルレス充電ほど見た目はスッキリとはしないが、10cm〜15cm程度の短かくて軽いケーブルを用意しておけば、EWP-01とスマホを手持ちしても、それほどケーブルを意識することなく使える。

 大容量の重量級モバイルバッテリーに必要性を感じないが、緊急時にも手軽にケーブルレス充電できるコンパクトで軽いモバイルバッテリーを探している人には、EWP-01がピッタリだ。筆者は、自宅でも出張時でもGalaxy S8+とEWP-01をペアで愛用している。

製品名 販売元 購入価格 Matchnine Wireless Charger & Power Bank S&J 3985円