男性向け化粧品CMのような会話は、現実ではあまり遭遇しません(写真:kou / PIXTA)

女性の育児や仕事など、女性の問題ばかりが取り上げられるこのご時世。
しかし、男だって「男ならでは」の問題を抱えて生きづらさを感じています。男が悩むのは“女々しい”!? そんなことはありません。男性学研究の精鋭、田中俊之先生がお答えします。

※お悩み相談はこちらの投稿フォームへ

■今回の相談
生きにくいわけではないのですが、ちょっと疑問に思ったので相談させてください。最近、男性向け化粧品のCMを見ていて気づいたことがあるのですが、目上の男性が目下の男性に慕われる構図のものが増えたように感じます。
昔は女の子にモテる!というものが多かったので時代が変わったのだなと思いますが、なぜCMとは違い、実際には男性同士で褒め合うことをしないのでしょうか。職場では「お前の髪きれいだな! どこのシャンプー使ってるの?」だとか「お前って仕事できるな! あこがれちゃうぜ」という会話に遭遇したことがありません。女性同士はわりとお互いを称え合っている印象です。これって男性学ですか?

なぜ、現実では男性同士で褒め合わないのか?


この連載の一覧はコチラ。※読者の皆様から田中先生へのお悩みを募集します。「男であることがしんどい!」「”男は○○であるべし”と言われているけれど、どうして?」というお悩み・疑問がある方はこちら

渋谷区で同性パートナーシップ証明書が発行されるようになったのは2015年の11月ですので、すでに2年以上が経過しました。今日では、渋谷区に加えて、世田谷区、三重県伊賀市、兵庫県宝塚市、那覇市、札幌市が同様の制度を導入しています。このような流れもあり、LGBTがレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、そして、トランスジェンダーの頭文字を取った用語という程度の知識は共有されつつあります。

しかし、異性愛が「普通」で、それ以外を一括りにして「異常」と見なすような偏った見方と具体的な差別行動が根強く残っているのが現状です(企業でダイバーシティ推進などの分野にかかわっていたり、個人的にこうした問題に関心を持っていたりする方には、森山至貴さんの『LGBTを読みとく クィア・スタディーズ入門』がオススメです。初心者にもとてもわかりやすく、しかも、体系的にまとめられています)。

一口に同性愛差別と言っても、そこには複雑な問題があります。手をつないでいる女子高生は、しばしば見かけるはずです。では、男子高生はどうでしょうか。まったくと言っていいぐらい見かけませんよね。

女性の場合、アイドルやモデル、あるいは俳優など同性の芸能人を「好き」だと言っていても、周囲は「普通」に受け止めます。男性が同じ発言をすると、「違和感」を抱く人が少なくないと思います。ひょっとすると、「気持ち悪い」とはっきり言われることさえあるかもしれません。ちなみに、僕は『トップガン』の頃からトム・クルーズが大好きで、『ラスト サムライ』が上映された際には写真集も購入したのですが、そのときは「どうして?」と理由を尋ねられました。

男性の同性に対する親密さやあこがれの表明は、女性と比較して「同性愛」的と解釈されやすいことがわかります。そして、男性には「『同性愛』者と『誤解』されるような言動を取るべきではない」というルールを課せられているのです。したがって、日頃から、男性は異性愛者としての自分をアピールするために、女性への性的関心を懸命に表明したり、同性愛男性に対する嫌悪を過剰に示したりすることになります。

以上の説明で、女性はお互いを褒め合うのに、職場で「お前の髪きれいだな! どこのシャンプー使ってるの?」や「お前って仕事できるな! あこがれちゃうぜ」という言葉を男性が交わさない理由が明らかになったと思います。

男同士が「イチャイチャ」しているCM

それでは、どうして現実では無理なのに、男性向け化粧品のCMでは、男性同士が親密にできるのでしょうか。この疑問について考えるために、簡単に男性向け化粧品のCMを振り返ってみます。

50歳以上の世代であれば、西部劇で活躍したハリウッドスターのチャールズ・ブロンソンが出演するマンダムのCMを覚えているはずです。「いま開かれる男の世界」というナレーションから始まり、チャールズ・ブロンソンが馬を引き連れて荒野を歩きます。最後には、「男らしさとは 男臭さとは 男のドラマを演出する新しい男性化粧品 マンダムは男の体臭」とナレーションが入り、チャールズ・ブロンソンが「うーんマンダム」と決めゼリフを発して終わりです。

女性が登場しないのはもちろんのこと、ほかの男性もまったく出てきません。卓越した「孤高の存在」として誰の助けも借りることなく、1人で道を切り開くのが〈男らしさ〉であるという強いメッセージを感じます。意図するところは、1969年から40年以上にわたってネスカフェのCMに使用されてきた「違いがわかる男(ひと)のゴールドブレンド」と共通していると言えます。

ただ、高度成長期後半の男性向け化粧品のCMにおいて、このようなタイプの〈男らしさ〉が支配的であったとはいえません。チャールズ・ブロンソンのCMだけを取り上げて、「昔は良かった」と嘆いてみたり、逆に、「さすが昭和」と揶揄したりするのは、いずれも早計です。1968年に放送されたMG5(資生堂の男性用整髪料)のCMでは、団時朗さん―『帰ってきたウルトラマン』で隊員を演じた―を記憶されている方もいるかと思います。団さん演じる若者が、後続車にいくら煽られても、サングラスをかけた姿で悠然とマイペースで運転を続けます。

ここまでであればマンダムと同じように、男が「孤高の存在」であることを肯定する内容のようです。しかし、結果的に道を譲らなかったこの若者は事故を起こして、首にコルセットをはめた情けない姿になってしまいます。「イキがることと本物のおしゃれとは違う 君も考えてほしい本当の男らしさとは」というナレーションが入り、CMは終わりです。

序盤は、ほかの男性と競い合う状況に置かれても、余裕を見せることで〈男らしさ〉が証明されるかのような内容になっています。しかし、最終的にはそうした男の意地や見栄を茶化し、〈男らしさ〉が実は「滑稽さ」と表裏一体であることを表現しているわけです。

男同士が「イチャイチャ」している印象を受けるCMは、相談者さんの印象よりは古くからあり、1993年に吉田栄作さんと森脇健児さんが出演したギャツビーがあげられます。これもなかなかインパクトがあったので、1990年代に若者だった世代は記憶が鮮明なのではないでしょうか。吉田さんと森脇さんが「栄ちゃんにシュ!」「健ちゃんにシュ!」「シュッシュッシュッ!」とお互いにフレグランスをかけあっており、女性にモテることよりも、男同士で楽しくすることのほうが優先されている印象を受けます。

最近のCMに目を向けると、菅田将暉さんと澤部佑さんの出演するメンズビオレのCMにも同じような傾向が見受けられます。ギャツビーのCMでは体は触れ合っていませんでしたが、メンズビオレは雰囲気的な「イチャイチャ」に加えて、身体的にも「ベタベタ」しています。

網羅的に振り返ったわけではありませんが、男性向け化粧品のCMは、「男だけの世界」を描く傾向があるように見えます。ただし、「女性からの視線」を抜きにして、「男だけの世界」を表現してきたとはいえないでしょう。男性向け化粧品CMにおいては、具体的な「女性からの視線」の描写をするまでもなく、「男性は女性にモテるためにオシャレをするはずだ」という前提が機能していると考えるのが妥当です。

ですから、男同士の「イチャイチャ」や「ベタベタ」を、女性にモテるために男性用化粧品を使用する異性愛男性同士の「戯れ」として描くことが可能になります。メンズビオレについては、澤部さんがコメディアンであることも、2人のじゃれあいが「本気」ではなく、「冗談」であることの演出に一役買っていると考えられます。

ルールを課す社会の「生きづらさ」

さて、こうした考察を踏まえて改めて考えてみる必要があるのは、男性向け化粧品のCMのように、登場人物が異性愛者であることが前提となっていない場合、男性はつねに女性への性的関心を懸命に表明したり、同性愛男性に対する嫌悪を過剰に示したりしなければならないという問題です。男性にそうしたルールを課す社会が、男性以外にとって「生きづらい」のは自明です。ただ、それに加えて、男性同士で親密な感情を表現できないことは、男性自身にとっても「生きづらさ」をもたらしているのではないでしょうか。

実際、僕のように同性にあこがれを持つ男性も少なくないはずです。さらに深刻なのは、中高年男性の「友達がいない問題」です。現役のうちは仕事があるから表面化しないだけで、定年後には孤独が待ちかまえています。加害者でもあり、同時に、被害者でもあるような問題をマジョリティの男性は抱えているのです。