バブル崩壊後の低迷する日本を生きてきた"ゆとり世代”。

諸説あるものの、現在の20代がこの世代に当たるとされる。

仕事も恋も、何もかもが面倒くさい。報われる保証もないのに、頑張る意味がわからない。

-頑張れば報われるって...それ、昔の話でしょ?-

外資系コンサルティングファームに勤める瑞希(26歳)も、まさに典型的な“ゆとり”の価値観を持っている。

東京を生きるゆとり世代の、リアルな仕事・恋愛・人生観を覗いてみよう。




恵まれているのは、どっち?


「いやぁ君たちの世代は本当、恵まれてるよね。僕が君たちくらいの時はさ、データとか全部、図書館まで探しに行って手書きで写したりしてたんだよ?

それに比べて今は、クリック1つで何でもダウンロード出来るもんなぁ」

プロジェクトがひと段落したからと、今夜は『ベンジャミン ステーキハウス 六本木』で上司がチームディナーを開催してくれている。

上野瑞希は六本木にオフィスを構える大手外資系コンサルティングファームに勤める26歳。

親の仕事の関係で高校から大学までをロンドンで過ごし、就職を期に何年かぶりに東京に戻ってきた。

いくつもの内定を手にした中でこの会社を選んだのは、単純に条件が最も良かったから。別に、夢があるわけじゃない。

「へぇー、大変でしたね!今って本当に便利な時代なんですね!」

上司の言葉に瑞希は目を丸くしてみせるが、その意識の大半は、今まさに口に運ばんとするテンダーロインの一切れに向けられている。

外はカリッ、中はしっとりという、ステーキの王道スタイルで仕上げられた一切れは、噛み締めると濃縮した旨味を口の中に広がらせた。

―資料の複写なんかが仕事って認めてもらえる時代は、良かったよね。

うっとりと口の中の一切れに意識を集中させながらも、瑞希は考える。

AI、IoT、ビッグデータ...

テクノロジーの発展は、現代人の生産性を大きく引き上げた反面、“人間がやるべき仕事”を浮き彫りにした。

こつこつ・地道に・根気よく・正確に、といった仕事は、今までのようには評価されない。

本当に賢いか、特殊な技能を持った人だけが、世の中に存在価値を認められる時代だ。

“30代までの頑張りがその後の人生を決める”とはよく言うが、だとしたら、目の前の上司はもう“人生決まっている”のだろうか。

―いいよなぁ、この人はもう、残りの人生“安泰”だもんなぁ。

上機嫌でグラスを傾ける上司にちらと目をやりながら、瑞希は小さくため息をついた。


無責任なのは誰?前世紀のおじさんに、募る苛々


沈みゆく船


瑞希の上司、吉田はもうすぐ50代だろうか。

総合商社に10年ほど勤めた後、コンサル業界に転職し、競合他社から瑞希の勤める会社に移ってきた。

広い業界の人脈が買われ、今年か来年にはパートナー昇格もあり得るかと噂されている。




上司の話相手はほとんど先輩に任せ、瑞希はペロリとステーキを平らげた。

下げられる皿を名残惜しく見送ったが、気持ちを切り替えデザートのメニューを手に取る。

「そういえばこの前辞めた笠原、上野の大学の後輩だったよな?今何やってるの?」

「詳しくは知りませんけど...知り合いのベンチャー数社で色々やってるみたいですよ」

「なんだ、ふわっとしてんなぁ。俺思うんだけどさ、上野くらいの年の子って、腰据えてひとつのことに打ち込めないやつ多いよなあ。俺が20代んときはさぁ...」

再び始まった昔話に心の中でため息を吐きつつ、デザートメニューに意識を戻した。

―偉そうに言ってくれちゃって...。

“石の上にも3年”なんて、古い。

世界がこれだけ目まぐるしく変化している中で、3年も石の上に座っている方がおかしい。

大体20年以上も前の成功体験が、この現代に生きるんですか?

―でも、関係ないもんね。だってあなたは、残りの人生"安泰”だから。

瑞希たちが10年後成功しているかどうか分かる頃には、上司は悠々リタイア生活で、私たちがどうなっていようと責任ゼロだ。

ちゃんと勉強して一流大学に入って、大企業に就職して。

ちゃんとした人と結婚して、家庭を築いて。

ちゃんと定年まで勤め上げて、退職後の余生は年金でのんびり暮らして。

ちゃんと頑張っていれば幸せが約束されていた時代。

この“ちゃんと”が今の日本で、どれだけ通用するのだろうか。

今までみんなが必死になって目指してきた大企業の多くが、時代の変化について行けず、業績の曲がり角にぶち当たっている。

年金制度の限界は見えているし、平均寿命は100歳にまで伸びると言われている中、教育→仕事→余生という人生プランすら成り立たない。

瑞希は、今までの“当たり前”が静かに、しかし着実に崩壊していくのを肌で感じていた。


高学歴、高収入、容姿端麗。全部揃っても夢は見ないゆとり女子。


上なんか見ても疲れるだけ


じゅわ...と口の中に広がるひき肉の旨味とキャベツの甘味に瑞希は目を細めた。

「はぁ...ほんっとうに美味しい。人類は餃子以外のものを食べる必要があるのか立ち止まって考えちゃうぐらい、美味しい」

「大げさだなあ...まあ、美味しいけど」

40代半ばほどの大柄な男が、向かいで呆れながらハイボールを啜る。

土曜の夜、広尾商店街の『タイガー餃子軒』は家族連れから若いカップルまで、思い思いに週末を楽しむ人々で賑わっていた。




ここひと月ほど、瑞希はこの店に通い詰めている。

向かいに座る水野とは、瑞希の上司、吉田の紹介で半年ほど前に知り合った。

紹介と言っても、上司と水野が西麻布『こんぶや』で飲んでいるところに偶然出くわし、そのまま3人でおでんを囲んだのがきっかけだ。

上司曰く、水野は「ヘッジファンド時代に死ぬほど稼いだからもう働かなくて良い」らしく、確かに彼はハワイの別荘と東京の家(複数)を行ったり来たりする以外は、日中もNetflixを見るぐらいしかやることが無いと言う。

「上野さん、ほっぺにラー油飛んでるよ」

「あれっここ?ありがとうございますー」

おしぼりでごしごしと頬を拭く瑞希を見て、水野は苦笑いした。

「年頃の女子が土曜の夜にすっぴんで餃子って、世も末だよなぁ...っていうか流石に毎週来てて飽きない?」

「やっだなぁ水野さん、もはや飽きる飽きないっていう次元にこの餃子は無いんです。

野菜、たんぱく質、炭水化物という、人類が必要とする栄養素を完璧なバランスで内包する、完全栄養食なんですから」

よく分からない論理をご機嫌で打ち放ち、瑞希はそのふっくらと形の良い唇の端をにっこりと引き上げた。



水野とはほぼ週1のペースで飲みに出るが、場所はいつもここ、『タイガー餃子軒』だ。

そもそも瑞希は、外食にあまり興味が無い。

会社で上司に連れ出されるときは、客単価2万円を超えるステーキから鮨、フレンチにイタリアンと全方位好き嫌いなく満喫するが、プライベートで自ら「ここに行きたい」という欲求は無い。

瑞希の収入は、一般的な20代のそれを大きく上回るが、生活は至ってシンプルだ。

趣味と言える趣味も無く、休日はUberEatsで出前を取り、一日中家にこもってNetflixを見て過ごす。

時々気が向いたときに、UberEatsで食べられないおでんや焼き立ての餃子を食べに、ふらりと近所の店に出かける程度だ。

「まるでリタイアした俺と同じじゃないか」と以前水野に笑われたが、実際、そういう行動パターンが一致しなければ瑞希が人と出かけることはほとんど無い。

―やりたいことなんて無い、ただのんびり穏やかに、なるべく苦労しないで人生過ごしたい。

高学歴・高収入・容姿端麗と、誰もが羨むスペックを備えていても尚、彼女は人生にとことん後ろ向きだ。

ふと目線を感じ、顔を上げると水野と目が合った。

その目の奥に何か言いたげな雰囲気を感じたが、瑞希は気付かなかったふりをして手元のビールに視線を落とした。

▶NEXT:2月5日 月曜更新予定
淡白にもホドがある!?ゆとり世代の恋愛事情。