相模鉄道が1月17日にお披露目した新型車両「20000系」。ヨコハマネイビーブルーと呼ばれる深い青色をまとい、先頭部分の装飾が印象的だ。2月11日から運行を開始する(撮影:尾形文繁)

滑らかな曲線とフロントグリルのような装飾が、アウディなどドイツの高級車を連想させる。「ブルー」と「オレンジ」の電車で知られる神奈川県の相模鉄道、通称「相鉄(そうてつ)」が1月17日、海老名市の同社車両基地でブルーの新型車両「20000系」を公開した。

相鉄にとって「車両のブルー化」に込める思いは大きい。相鉄は東京急行電鉄や東武鉄道と同じ大手私鉄として分類されるが、営業キロはわずか35.9km。首都圏の大手私鉄で唯一都心に乗り入れていないということもあり、知名度はいま一つだ。認知度向上を図ろうと、昨年迎えた創立100周年を機に駅、車両、制服などのデザインリニューアルを進めている。2016年に「9000系」を刷新した際にも青い塗装を施した車両を導入し、好評だった。悲願の都心乗り入れに向け、相鉄が攻勢を強めている。

複雑な形状ゆえに開発が難航

20000系を製造したのは日立製作所。「Aトレイン」という日立独自の軽量アルミ車両向け製造技術が用いられている。同じく日立製である東京メトロ向けや西武鉄道向けなどの通勤車両にもAトレインの技術が使われており、その意味では各車両には共通項が多いのだが、列車の顔ともいえる20000系の先頭形状は他社のどの車両にも似ていない。


相模鉄道の滝澤秀之社長は新型車両投入で、都心直通に弾みをつけたい考えだ(撮影:尾形文繁)

いかにも工業デザイン然とした通勤車両のイメージとは大違い。「アウディをイメージしたのですか」と相鉄の滝澤秀之社長に尋ねてみたら、「車ではない。私は能面のイメージだと感じた」という答えが返ってきた。2つのライトが目で、フロントグリルのような装飾は口というわけだ。

「この複雑な形状に貫通扉も設置するのは一苦労だった」と、車両開発の担当者は語る。デザインに関しては、丸みを帯びたエレガントなA案と、貫通扉など現実のニーズを考慮し平面的にしたB案の2案でスタート。検討の結果、両者のメリットを融合させるということになったが、必要な機能を満たしつつエレガント性も重視するのは口で言うほど容易な作業ではなかった。3D切削加工、プレス加工、たたき出し加工などさまざまな工法を駆使し、ようやく複雑な形状を実現した。

この車両が完成したのは昨年の7月。山口県下松(くだまつ)市にある日立の工場から相鉄の車両基地までJRの線路で運ばれ、道中、多くの鉄道ファンにその姿を目撃されている。新型車両は鉄道会社の車両基地に到着した時点でお披露目となるケースが多いが、今回は5カ月近くを要している。相鉄側は、「信号や保安設備に適合するかきちんと確認して、営業運転開始日が決まってから発表したかったため」と説明する。では、なぜ確認作業にこれほど時間がかかったのか。それは、20000系は従来の相鉄の車両にはない新しい使命を帯びているからだ。

東急線乗り入れの尖兵に

鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は現在、相鉄の西谷駅とJR東海道貨物線の横浜羽沢駅付近に新設される羽沢横浜国大駅間の約2.7km、さらに羽沢横浜国大駅から東急・日吉駅までの約10kmを線路でつなぐ工事を進めている。完成すれば相鉄とJR、そして相鉄と東急がレールで結ばれる。相鉄は2019年度下期にJR線、2022年度下期に東急線への乗り入れをそれぞれ計画している。


もともとは2015年度に相鉄・JR直通線が完成する予定だったが、2度の延期を経て、このスケジュールとなった。当初計画からずいぶん遅れてしまったが、それでも「これ以上遅れることはない」(鉄道・運輸機構)として、工事は着々と進んでいる。


相鉄の新型車両「20000系」の車内。グレーを基調にした明るい空間が特徴だ。東急線に乗り入れるため、東急線の車両に合わせて、ほかの相鉄車両よりも小ぶりになった(撮影:尾形文繁)

東急の車両は相鉄よりも小型なため、20000系もほかの相鉄の車両よりも小ぶりになった。信号や保安設備への適合の確認に時間を要したのはそのためだ。今後はJR線乗り入れ用の車両も新たに開発するが、相鉄線にはJRの「E231系」「E233系」といった通勤車両をベースに開発された車両も走っており、JR線乗り入れは東急ほど困難ではない。そのため、東急線に乗り入れる20000系を先に開発するということになった。

JR線、東急線への乗り入れには、単にレールがつながるという以上の意味がある。新宿、渋谷、池袋といった都心のターミナルを拠点に持つほかの大手私鉄に対し、相鉄のターミナル駅は横浜駅。そこから都心に向かうには、いったん改札を出て乗り換える必要がある。それだけに都心への直通運転は相鉄の悲願であった。


相鉄の新型車両「20000系」の車内には鏡が設けられている。都心直通に向けた相鉄の意気込みが感じられる(撮影:尾形文繁)

20000系の車内には鏡が設置されている。「かつての相鉄線の車両にも設置されており、横浜に買い物に行く女性が鏡を見て身だしなみを整えていた。鏡は東京への身近な足となるシンボル」と相鉄担当者。こんな細かい部分にも都心乗り入れへのこだわりが感じられる。

相鉄・東急直通線の事業概要によれば、相鉄は東横線・渋谷方面、目黒線・目黒方面という2つの路線に乗り入れることになっている。東横線は東京メトロ副都心線経由で東武東上線、西武池袋線などに、目黒線は東京メトロ南北線、都営三田線に乗り入れており、東急線から先の路線にも乗り入れるかどうかが気になるが、相鉄側は「認可を得ているのは東急線内まで。その先は決まっていない」と言葉を濁す。

小田急ダイヤ改正で新宿方面が便利に

しかし、その東急線への乗り入れ自体、実現を危ぶむ声もある。東急の事情に詳しい関係者は、声を潜めて「渋谷方面への乗り入れは難しいのではないか」と言う。東横線は乗り入れる路線が多く、ダイヤが複雑だからだ。そこへ相鉄が割って入ることははたして可能なのか。実際、東急が作成した資料を見るかぎり、相鉄線は目黒線だけと直通するように思える。なお、東急はこの資料について、「相鉄線が目黒線だけに直通するという意図はない」としている。

相鉄・JR直通線は大崎、渋谷、新宿方面へ向かう、湘南新宿ラインと同じルートだ。しかし、相鉄・二俣川以西の海老名、大和、湘南台は小田急線と接続しており、新宿方面への利便性がもともと高い。しかも小田急線は複々線化の完了で3月のダイヤ改正後は利便性がさらに高まる。


建設が進む羽沢横浜国大駅。相鉄は2019年度下期にJR線への乗り入れを計画している(撮影:尾形文繁)

朝ラッシュ時の海老名―新宿間は小田急なら現行から最大10分短縮し51分。同区間を相鉄・JR直通線を使って移動した場合は、おそらく58分程度を要しそうだ。JRの運賃が割高なことを考えれば、相鉄・JR直通線で渋谷、新宿方面に出る利用者はさほど多くないかもしれない。ちなみに横浜市は品川、東京方面への乗り入れも要望している。こちらのほうが利便性は高そうだ。

このようにさまざまな課題を抱えつつも、20000系登場で相鉄の都心乗り入れはがぜん現実味を帯びてきた。2月11日から実際の運行が始まれば、よくも悪くも相鉄の注目度がますます高まるに違いない。