フェデラーが第3セットを取り、全豪2連覇へ王手[全豪オープン]

写真拡大

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の最終日となった1月28日、男子シングルス決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)とマリン・チリッチ(クロアチア)が対戦中。1セットオールで迎えた第3セットを、フェデラーが6-3で取り、「全豪オープン」2連覇に王手をかけた。

両者の過去の対戦成績はフェデラーの8勝1敗。フェデラーは男子テニス界のレジェンドで、現在も36歳にして世界ランク2位を維持している。「全豪オープン」は昨年を含め過去5回優勝しており、グランドスラム通算20勝目を目指す。今大会も決勝まで1セットも落とさず勝ち上がってきた。一方のチリッチは錦織圭(日本/日清食品)を破った2014年「全米オープン」以来のグランドスラム2勝目を目指す。

第1セットをフェデラーが6-2、第2セットをチリッチが7-6(5)で取り、1セットオールで迎えた第3セット。序盤は第2セットに続きお互いキープ展開となるが、第6ゲームでフェデラーがブレークに成功し4-2に。フェデラーは大きく「カモン!」と叫ぶ。

チリッチは第2セットはファーストサービスの確率が60%だったが、第3セットは50%を切り苦しくなったところをフェデラーにブレークを許した。

第3セットはフェデラーがそのまま優位に保ち、6-3で取った。試合は現在第4セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」決勝戦でのフェデラー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)