盟友トッティが40歳のブッフォンにプレゼントしたい物とは?

写真拡大

▽ローマのディレクターを務める元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が、28日に40歳の誕生日を迎えたユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンについて言及した。イギリス『デイリー・メール』がイタリア『La Stampa』を引用して伝えている。

▽パルマでトップチームデビューを果たし、2001年7月にユベントスに加入したブッフォンは、約18年間に渡ってビアンコ・ネロの守護神として君臨。8度のセリエA制覇、3度のコッパ・イタリア制覇、5度のイタリア・スーパーカップ制覇を達成し、イタリア代表としても175試合のキャップ数を誇り、2006年にはドイツ・ワールドカップを制覇した。現在はイタリア代表から退き、今シーズン終了後の現役引退の意向も示しているが、最近になって代表復帰や現役続行の可能性も示唆している。

▽かつてイタリア代表で共に戦い、セリエAではライバルとして切磋琢磨してきたトッティは先日に40歳の誕生日を迎えるブッフォンについて語り、同選手にプレゼントするなら「タイムマシン」と答えている。

「まず最初に思うのは互いに年をとったなということ。とても残念に思うね」

「友人のキャリアを振り返る時、結局自分自身の人生も振り返るんだ。彼のキャリアは素晴らしいと思うし、40歳になっても素晴らしい1年を送ってほしいなと思うよ」

「まだプレーし続けたいと思うのであれば、彼が本当のプポーネ(トッティの愛称で大きな赤ちゃんを意味する)だったことになるね」

「僕は彼に何をプレゼントするかな? タイムマシンかな。彼はきっと僕も乗せてくれるだろうね」