フェデラーが6‐2で第1セット先取。全豪2連覇へ好スタート[全豪オープン]

写真拡大

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の最終日となった1月28日、男子シングルス決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)とマリン・チリッチ(クロアチア)が対戦中。第1セットをフェデラーが6‐2で先取した。

両者の過去の対戦成績はフェデラーの8勝1敗。フェデラーは男子テニス界のレジェンドで、現在も36歳にして世界ランク2位を維持している。「全豪オープン」は昨年を含め過去5回優勝しており、グランドスラム通算20勝目を目指す。今大会も決勝まで1セットも落とさず勝ち上がってきた。一方のチリッチは錦織圭(日本/日清食品)を破った2014年「全米オープン」以来のグランドスラム2勝目を目指す。

試合はチリッチのサービスゲームからスタート。するといきなりフェデラーがチャンスをものにする。フェデラーは、ブレークポイントを握るとチリッチの攻めに防御する形になるが、チリッチのスマッシュがネットにかかり、ブレークに成功。フェデラーは幸先の良いスタートを切る。

勢いに乗ったフェデラーはさらに第3ゲームもブレークし3‐0とチリッチを圧倒する。チリッチはその後は立て直すものの、フェデラーからブレークのチャンスをつくることができず、第1セットをフェデラーが6‐2で先取。「全豪オープン」2連覇へ向けて好スタートを切った。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」のベデネ戦でのフェデラー
(Photo by Ryan Pierse/Getty Images)