「スケートボード」といえば縦長が王道。そんな考えをそろそろ改める時期が来たのかもしれない。タマゴ型の丸みを帯びたフォルムが印象的な『Elos』は、その可搬性の高さから注目されている新種の小型スケートボードだ。

【詳細】他の写真はこちら

https://youtu.be/kZMgkLKp2y8

全長が短めなデッキは持ち運びに便利。バックパックと背中の間に挟み込んでもいいし、小脇に抱えて歩いてもいいだろう。必要な時に取り出してすぐに乗れるし、慣れれば持ち手を掴んで飛び降りるなんて芸当もできるらしい。街中における“ラストワンマイル”の移動手段としてのスケートボードを突き詰めると、こういう形になるのかも。



ホイールベースが短く、左右のホイールが離れた安定感あるデザインは、初心者でも簡単に乗りこなすことができるのだそうだ。



公式サイトでの通販価格は179ドルから。7層構造のメイプル材で作られたボードはブルー、グレー、レッド、メープルという4色のカラーバリエーションが用意されていし、パーソナルメッセージ入りのカスタムボードも199ドルで提供される。ただ、公式サイトでは日本への発送が選択できなかったが、クラウドファンディングサイトのIndiegogoなら22%オフの155ドル+送料40ドルで日本への発送に対応してくれるようだった。他人とは一味違ったスケートボードの入手をお考えなら、購入の検討に値するプロダクトではなかろうか。

関連サイト



Elos Skateboards Packable and Stylish Last Mile Transportation

Elos(Indiegogo)

text塚本直樹