ホルモン焼きのメニューは牛・豚を合わせて約40種類。赤身肉を扱わないところにホルモンへの愛情と自信の高さが伺える。

炭火ホルモン ハルマキ(最寄駅:湯島駅・御徒町駅)

基本の味付けは塩で、すべて店のお任せ。塩ベースでバターが香る「コリコリ(大動脈)」(600円)、淡泊なハツに網脂を巻き味に奥行きをもたせた「あみはつ」(600円)、軽く燻製を利かせた「ちれ(脾臓)」(550円)など、新たなホルモンの魅力に開眼できる。なかでも「マルチョウ」(700円)はボイルして醤油ベースのタレに一晩漬け、味を染みこませた珠玉の逸品。脂を裏返して中に閉じ込めるので甘み、旨みが凝縮され、衝撃の味わいに笑みがこぼれる。

マルチョウ

ツヤツヤのマルチョウは炭火でじっくり炙り、焦げ目が付いたらパクッといきたい

盛り合わせ6種

この日はシビレ、コリコリ、ヤン、ノドブエ、ノドガシラ、あみはつ。内容は日替わり。リクエストにも応じてくれる。

ブラックニッカ ハイボール 大

白センマイ刺身

丁寧に下処理したセンマイの刺身は眩しいほどの白さ。程よい弾力と絶妙の味付けで酒が進む

炭火ホルモン ハルマキ

東京都文京区湯島3-47-8 アイバビル1階 [TEL]03-6803-2941 [営業時間]17時〜24時 [休日]日・祝 [席]テーブル4席×2卓、掘りごたつ4席×6卓 計32席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ300円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅1番出口すぐ、JR山手線御徒町駅北口から徒歩6分