ついにスープラ復活!  トヨタxBMW合作の成果はいかに?

写真拡大 (全3枚)

あのスープラがついに復活する。

映画「ワイルド・スピード」シリーズでフィーチャーされたクールなスタイルで、かつてはポルシェ911よりも速く、しかも価格はその半分という名車が、16年という時を経てよみがえる。さらに今回は、トヨタとBMWの共同開発だ。待ちに待ったトヨタ・スープラの再登場、そしてBMWの新Z4となれば、「スポーツカーにはまるで興味がない」という人でさえ無視することはできまい。

1978年にセリカをベースとして初代が誕生したスープラは、2002年に4世代目の生産が終了するまでに、全世界で人気を博すグランツーリスモ、フォルツァ・モータースポーツ、ニード・フォー・スピード、ミッドナイト・クラブなどのドライビング・ゲーム上でも熱狂的なファンを持つスポーツカーとして、その名が轟いていた。また、「ワイルド・スピード」をはじめ、ス-プラが登場している映画8本のの興行収益は、50億ドルと言われる。

スープラと聞いてほとんどの読者が思い浮かべるのは、おそらく4代目だと思う。それは、伝説的なスポーツカー、トヨタ2000GTのデザインをヒントに280psを発揮するツインターボ付き直6スポーツカーで、数々のレースにも参戦して圧倒的な存在感を放っていた。

2002年の生産終了から、復活の噂は常にくすぶり、2013年にトヨタとBMWが共同開発を発表してからは、さらに高性能を備えて生まれ変わるのではないかとの期待が高まっていた。しかし、このジョイント・ベンチャーについて、昨年2017年の半ばまで両社とも不思議な沈黙を守ってきた。

復活なるのか、ならないのか。ファンをもどかしがらせた時代も、新スープラが登場すれば終わりになる。いや、新時代の幕開けというべきだろう。


2014年に発表されたトヨタFTー1コンセプト

その待望の車がついに、おそらくレーシング仕様タイプで、今年3月6日、ジュネーブ・モーターショーで発表されることになる。デザインとプロポーションに関しては、この新生スープラに、2014年のデトロイト・モーターショーに登場したFT-1コンセプトからのデザイン要素を見逃すことはできない。なんと言っても、トヨタで最高のヒーローカーは、それにふさわしいスターとしてルックスと、ライバルに負けない性能を備えていなくてはならない。

その点、この新生スープラは、FT-1コンセプトとほとんど同じプロポーションで、ヘッドライトとダブル・バブル・ルーフのデザインは継承されるが、コンセプトのボンネットに色濃く漂ったフォーミュラ1的な印象は控えめになり、(その代わり)大きなエアダムが施される。


イラスト:Steve R. Neill

このイラストは、FT-1コンセプトの外観と世界一過酷なテストコース「ドイツ・ニュルブルクリンク」で目撃されたスープラ偽装車に基づいた、あくまでもアーティストによる想像イラストだ。でも、これはかなり近いと思う。

その偽装車とこのイラストを見てわかるのは、新スープラが過去15年間の全トヨタ車より、各段にエモーションを吹き込まれているということだ。それを実現させたのは、やはり「平凡さを捨てろ」と宣言してデザインチームを鼓舞した豊田章男社長であり、現行型86の多田哲哉主幹だ。新スープラのルックスとパフォーマンス、価格のバランスを統制しているのは多田だからだ。

さて、今回もっとも重要なのは、BMW社と共同開発した3種類のエンジンなのだ。エントリー・レベルの2.0Lの直4ターボエンジンは192psを発揮し、ハイパワー・バージョンの2.0Lターボは245psを叩き出す。そして、新スープラのフラッグシップ・モデルのエンジンはBMWが開発した3.0Lの直6ターボで、360psを発揮。どのエンジンも8速オートマティック・トランスミッションとの組み合わせになっている。

しかし、何と言っても驚くのが、新スープラの生産を担当するのがオーストリアの自動車製造業者、マグナ・シュタイア社ということだ。これまでのあらゆるトヨタ車と一線を画している。マグナ・シュタイア社は、メルセデス・ベンツやBMW、プジョーなど少量生産を専門としている。

新スープラの生産は今年の後期から始まり、2019年の春にヨーロッパと日本のショールームに登場する予定になっている。最大のマーケットとなるアメリカでは、2019年1月のデトロイト・モーターショーでのアンヴェイル後すぐに発売開始となる。

ところで、日本での販売は、トヨタの新しいサブ・ブランドであるGRでの専売となる。同社のレースング部門、Gazoo Racingから名付けられたこのスペシャリスト・ブランドは、昨年9月に始まり2018年3月末までに全国に39店舗が稼働する予定だという。

GRはゆくゆくは同社のラインナップのおおかたのカスタマイズするという使命を負っており、すでにヴィッツ、プリウス、86、ハリアーなど人気のある市販車のGRバージョンの販売を開始している。さらには、 新スープラや今月開催された東京オートサロンで発表されたハイブリッドのルマン・スペック・レーシングカーをベースとする1000psのGRスーパー・スポーツ・コンセプトなど、特に選び抜かれたモデルを扱うことになっている。ドレスアップだけでなく、GRで専売するためのユニークな特別車両をGRとして販売していく戦略だ。

フォーチュン誌の今年の「世界で最も尊敬される企業トップ50」で、BMWは19位、トヨタは29位にランクされているが、日独共同プロジェクトとしてのヒーロー・カー開発のお陰で、両者の地位は来年もっと高くなるだろう。

新スープラの価格はエントリー・レベルの2.0Lタイプが500万円台、そしてフラッグシップの3.0Lタイプは600万円台後半になりそうだ。ショールームに姿を現す来年の春が、今から待ち遠しい。

国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話
「ライオンのひと吠え」 過去記事はこちら>>