ウォズニアッキとハレプが頂上決戦にふさわしいスキルとメンタルを披露

写真拡大

世界ランク1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)と2位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)による女子シングルス決勝は、ランキング1位の座とグランドスラム初優勝を懸けた戦いだった。

この試合の勝者が来週月曜に更新されるランキングで1位になることが確定していた。また、両者とも四大大会の決勝は3度目。ウォズニアッキは09年と14年の「全米オープン」で決勝に進出し、いずれも敗れていた。ハレプは14年と17年の「全仏オープン」で栄冠まであと1勝としたが、準優勝に終わっていた。今度こそは、の執念がぶつかり合う、2時間49分の死闘となった。

スタートダッシュに成功したのはウォズニアッキだった。タイブレークまでもつれた第1セットのストロークのアンフォーストエラーはわずか6本。ファーストサーブは確率72%、ポイント獲得率81%という堂々たるスタッツが、安定したゲーム運びを示している。効果的なファーストサーブと、そこからの的確な攻めで、ウォズニアッキがリズムに乗った。

一方のハレプもサービスゲームが素晴らしかった。両者とも、このセットは6度ずつあったサービスゲームで一度しかブレークを許さなかった。女子でもサーブで優位に立つことはゲームを進める上で重要だ。サーブ側は優位を生かして積極的に攻撃する。リターン側はそれをなんとかしのぎ、チャンスがあれば、果敢に挑む。基本戦術のお手本のような、二人の攻防だった。この決勝が素晴らしい試合になった要因の一つが、そこにあった。

第2セットのウォズニアッキは、43%とファーストサーブの確率が落ちたのが痛かった。一方、ハレプのサービスゲームは安定しており、それが6-3のスコアにつながった。

この夜のメルボルンは蒸し暑く、ナイトセッションにもかかわらず、「全豪オープン」独自の酷暑ルール「ヒートポリシー」が適用されるほどだった。10分間の休憩がとられたのち開始された最終セットは、ともに体力を削り合う戦いになった。

ハレプは右足を痛めており、それでなくてもギリギリの戦いを強いられていた。ウォズニアッキもこのセット途中に左足の治療を受けた。サービスゲームのブレークが相次ぎ、両者のスタッツは大きく落ち込んだ。ゲームはプレーの内容を競う戦いから、神経戦、消耗戦に様相を変える。しかし、ハレプの動きが目に見えて落ち、栄冠はウォズニアッキのものとなった。

「ずっと夢見ていました。声が震えています。今にも泣きそうです」。

ウォズニアッキが高ぶる気持ちをそのまま言葉にした。そのスピーチで彼女がハレプに向けて「ごめんなさい。でも、今日の私は勝たなくてはならなかった」と話すと、観客席からどよめきが起きた。勝ちたかったのはハレプも同じだろう。しかし、ここで「勝たなくてはならなかった」と言えるのが、ウォズニアッキのどん欲さ、気持ちの強さだ。

敗れたハレプは記者会見で「第1セットが終わったときにはエネルギーもパワーも残っていなかった。でも、全部のボールを返そうと(自分に)言い、第2セットを取ることができた」と振り返った。

この、二人の精神力、勝利を求める一途さが、試合を感動的なものにした要因である。この戦いにインスパイアされたのか、試合直後からセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)やジョハナ・コンタ(イギリス)ら数多くの女子選手がSNSで優勝を争った二人を称えた。

戦術、技術というスキル、気迫、執念といったメンタル面、どちらが欠けても、この高揚感は残らなかったはずだ。頂上決戦の名にふさわしい激闘であり、女子テニスの一つの指標、教科書となるようなゲームだった。

(秋山英宏)

※写真はセレモニーでのウォズニアッキ(左)とハレプ(右)
(Photo by Scott Barbour/Getty Images)