Image: Radinn/YouTube

波乗り界のTesla!

サーフィンは波、ウィンドサーフィンは風に押されて進みますよね。しかしどちらも、波の高低や風の強さなど、その時々の自然環境に左右されてしまいます。

そんな常識をブチ破るのが、電力で水上を爆走するradinn社のサーフボード。その名も「G2X ジェットボード」です。シートもハンドルもないのに、水上バイクなみに突っ走りますよ〜。

波がなければ、最高速度は時速58kmというけっこうなスピードが出ます。そして水のある場所なら海でなくとも、池や川でも使用可能です。水中翼を追加することもできるので、水の抵抗が減ればより速く、長く乗ることができるでしょうね。

アクセルは手に持ったコントローラーで行ないます。前足はボードに固定するようになっており、後ろ足はリーシュコードをつけているので、落下してもひとりでに突っ走っていくことはありません。

氷の張った真冬の川でジェットボートする、なんてエクストリームな使い方も。

radinnは2013年にプロトタイプを作ってから、G2Xまでふたつのモデルを作ってきました。以前は機能性や使いやすさなどに注力してきましたが、今回のモデルで大量生産を開始。1万5000ユーロ(約200万円)だった価格を9,900ユーロ(約134万円)にまで下げるだけでなく、従来より速度は35%あがり、バッテリーは80%長持ちし、推力は60%増加、重量は25%軽くなったとのこと。着々と進化を遂げているんです。

海でも川でも池でも湖でも、水場にコレ一枚あったら楽しいでしょうねぇ。


Image: YouTube
Source: YouTube (1, 2, 3) , radinn

(岡本玄介)