<ピュアシルク・バハマLPGAクラシック 3日目 27日◇オーシャンクラブGC(6,625ヤード・パー73)>
連日によるサスペンデッドにより、54ホールの短縮競技となった米国女子ツアー開幕戦「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」の3日目。順延となっていた第2ラウンドが行われていたが、現地時間5時54分に日没サスペンデッドが決定した。
【連続写真】畑岡奈紗はスイングアークではなく“コンパクトさ”で飛ばす!
2日目に終了できなかった第2ラウンドは、現地時間27日(土)の朝7時30分より開始を予定していたが、強風のため11時15分開始に遅延。全選手がホールアウトすることなく5時54分に中止の合図が鳴り、第2ラウンドは現地時間28日(日)の朝7時より再開される予定となった。
2日目終了時点では、トータル5アンダーでホールアウトしたブルック・ヘンダーソン(カナダ)が暫定単独首位。1打差暫定2位には、世界ランク1位のフォン・シャンシャン(中国)が、首位と2打差の暫定3位タイには、レクシー・トンプソン(米国)ら4人が続いている。
トータル7オーバーでホールアウトした畑岡奈紗は、暫定76位タイ。その他日本勢では、野村敏京が9ホール消化してトータル2オーバー暫定30位タイ、上原彩子がトータル4オーバー暫定52位タイにつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック 」のリーダーボード
松山、タイガーの成績をチェック!米国男子のリーダーボード
「もう、笑いながらやるしかない」畑岡奈紗の開幕戦は超強風との戦いに
「去年より広く感じる」畑岡奈紗、成長した姿で再び米国に挑む
「低い球を練習したのがうまくいった」畑岡奈紗が強風の中で見せた修正力