心を病む兆候は普段の表情に表れる。身近な人の表情をよく観察しよう

写真拡大

 こんにちは。微表情研究者の清水建二です。

 本日のテーマは、微表情から心の病のサインを察することが出来るか? です。

 結論から言えば、現状、心の病になる可能性を診断することは難しいものの、声かけのきっかけや第二次スクリーニングの判断材料になり得る、と考えられます。

 表情・微表情と心の病との関係について様々な研究があります。例えば、心の病に罹っている患者の表情に左右非対称の表情が生じたり、鼻から上の表情筋が動かなかったり、自殺願望を隠している入院患者の表情に悲しみの微表情が生じるということがいくつかの研究から報告されています。

 また重度のうつ病患者は悲しみ・嫌悪表情を多く見せ、そう病患者は「本心からの笑顔」も「本心でない笑顔」も多く見せ、怒り・嫌悪・悲しみ表情はあまり見せない、統合失調症患者は恐怖表情を多く見せる、こうしたことも患者の表情研究からわかっています。

 しかしこれらの研究は、すでに病気の人はどんな表情をするのか・すでに病気の人をどうするか、という問題を扱っています。

 表情・微表情と心の病に関する諸研究のアプローチは基本的にこのパターンであり、将来の心の病を予測する体系的な表情研究は筆者の知る限り皆無です。

 それでは表情や微表情観察のスキルを心の病を防止するために利用するにはどうしたらよいでしょうか?

◆カギとなるのは自尊心にまつわる表情

 心理学の知見と自身の実体験から「受け皿のない常習的な嫌悪と軽蔑の微表情は要注意」と考えています。

 嫌悪は拒絶です。自分にとって有害なものを受け入れたくないという感情です。軽蔑は優越感です。自分が他者より優れているという感情です。

 嫌悪と軽蔑は私たちが自尊心を保つ上でなくてはならない感情ですが、それが自身の能力との関わりにおいて度を過ぎると心に問題を引き起こすのではないかと考えられます。

 例えば、職場で「能力のある人」が、周りの意見に対して嫌悪や軽蔑を抱き、意見を一切受け入れず、仕事を自分の思うように進めるとします。

 自分勝手な人ですが、能力があるため仕事の成果は高く、結果的に周りからの評価も高まります。周りは「あの人は人の意見は聞かないけど結果は出すから、あの人の行動や意見は認める価値あるな。」と思うわけです。こうした場合、この人物の嫌悪と軽蔑は周りに受け入れられているわけです。

 一方で「能力のない人」が、自分の意見と周りの意見が異なるとき、嫌悪と軽蔑を抱くとします。

 しかし、これまで成果を出してきていない以上、自分の意見は周りに聞き入れてもらえません。そうすると「能力のない人」は意に反して、自らの仕事や行動パターンを周りの意見に合うように変えなくてはいけなくなります。

 こうした場合、この人物の嫌悪と軽蔑は周りに受け入れられていないわけです。この状態が常習的に続けば、自尊心が満たされない状態が続きます。これは大きなストレスです。このストレスが積もり続ければ、心の病につながり得ると考えられます。

 ずいぶん前に働いていたアルバイト先の社員さんの話です。アルバイトの私の目から見ていても、その社員さんはお世辞にも仕事が出来るとは思えませんでした。

 その社員さんが、周りから指示やアドバイスをされているとき、愛想笑いを浮かべながら嫌悪と軽蔑の微表情を本当によく生じさせていました。本当に周りからの意見や指示を嫌々受け入れているのだなと傍から見ていて感じていました。

 しばらくそうした状態が続いた後、その方は心の病を患い休職してしまいました。

 嫌悪・軽蔑に限らず、常習的に激しい感情を抑制したり、周りに感情が受け入れられない状態は心の負担になると考えられます。しかし、特に自尊心に関わる嫌悪・軽蔑感情は心の病に強く関連しているのではないかと思われます。