20代OL投資家が伝授するソーシャルレンディングの鉄則

写真拡大

 初心者でも小口の投資から始めて、コツコツ利益をあげることができるSL(ソーシャルレンディング)。投資信託などで投資を始め、とあるブログで目にしたことをキッカケに約1年前からSLをスタートしたというのは、20代の女性投資家・にーちぇ氏だ。

◆保有している現金の額に応じて商品を選ぶべき

「SLはもともと高い利回りの商品性を持っていますが、私はそのなかでも担保や保証がついている商品を中心に選んでいます。商品の種類はあまり意識していないのですが、担保つきということで、おのずと不動産関連が多いですね。」

「現在は10個ほどの商品を保有していますが、毎月の投資ペースは特に決めていません。年間の目標投資額を50万円に設定してるので、それを達成できるよう、いい商品があれば、その都度投資して調整するようにしています」

 なるべく、リスクの低い商品を選んでいるというにーちぇ氏だが、すべての人にその投資術が当てはまるわけではないという。

「自分の持っている現金の額に応じて、ポートフォリオを描くことが重要だと思います。例えば、現金を多く持っているなら、多少リスクを取っても高い利回りの商品に投資するのもアリでしょう。自分のスタイルに応じて、どこを重視するかプライオリタイズしていくと、商品も選びやすいのではないでしょうか?」

 石橋を叩いて渡るもよし、お金に余裕があるなら、高利回りの商品を選ぶもよし。まずは商品選びの基準となる軸を定めよう。

【にーちぇ氏】
SL歴1年 利益12万円 都内在住、20代のOL投資家。ブログ「わたし、セミリタイアします!」を運営し、「クラウドポート」にも寄稿する

― ソーシャルレンディングで確実に儲ける方法 ―