画像提供:マイナビニュース

写真拡大

第一屋製パンと近畿大学、アーマリン近大は2月1日より、初のコラボレーション商品「和風焼きカレーパン 近大マグロ中骨だし使用」(税別130円)を、関東、中部、近畿、中国、四国エリアのスーパー等にて数量限定で発売する。販売数量は、約30万食を予定している。

同商品は、近大マグロの中骨を煮出して抽出したエキスをパウダー化し、カレーフィリングに使用した和風焼きカレーパン。マグロの旨味成分が詰まった贅沢な味わいを実現した逸品となっている。

パン生地は揚げずに焼き上げており、通常の揚げカレーパンと比べカロリーを抑えている。隠し味に生姜を使用することで、だしの風味をより一層引き立てているという。トッピングには、ごまとチーズをセレクト。

また、「近大水産研究所」大阪・銀座店では、発売当日のランチタイム限定で同商品を先着各30人にプレゼントするとのこと。ランチ営業時間は、大阪店が11〜15時、銀座店が11時30分〜15時となっている。