Appleは現地時間1月27日、YouTubeチャンネルで初のHomePod広告4本を公開しました。

音重視の広告

それぞれ「Bass」「Beat」「Distortion」「Equalizer」と題された15秒の広告は、アニメーション化されたHomePodの文字が音楽に合わせて動き、最後に本体の映像が一瞬表示されるという内容で、「Order Now」の一文で締めくくられています。
 
バックに流れる音楽は、「Ain’t I 」(リゾ)、「DNA」(ケンドリック・ラマー)、「Holy Water」(ヘンブリー)、「All Night」(ビッグ・ボーイ)と広告ごとに異なります。
 
広告の映像は非常にシンプルで、音中心の構成になっていることからも、AppleがHomePodをSiriで動作する「優秀なホームアシスタント」というよりも、まず「画期的なスピーカー」として位置づけていることが伺えます。

2月9日に米英豪で発売

HomePodはアメリカ、イギリス、オーストラリアの3カ国で2月9日に発売、1月26日より予約受付が始まっています。またフランスとドイツでも今春発売予定です。
 
4本の広告は下でご覧いただけます。
 

 

 

 

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)