いつもの冷蔵庫の食材が簡単!贅沢レシピに大変身!もう献立に迷わない!
「沸騰ワード10」(日本テレビ系)で話題沸騰中の「伝説の家政婦」志麻さんが、ついに待望の処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』を発売!たちまち大きな話題となり、第6刷が決まった。
ふだんお家で食べたことのない「タンドリーチキン」、「農家の野菜スープ」、「ラタトゥイユ」、「豚肉のビール煮」、「お米のニース風サラダ」、「ローストビーフ」、「アッシ・パルマンティエ」、「ハヤシライス」、「メンチカツ」、「チョコレートムース」など、フランス家庭料理から、和洋中、エスニック、おやつまで秘伝のレシピが多数収録され、ふだん料理をしない人でも、手早く簡単に作れてしまうというから驚きだ。
冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単!贅沢レシピ」に変身するのか?
これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
3時間で15品以上作るという志麻さんを、本書担当編集が直撃したレポートをお送りする。
(撮影:新居明子、構成:寺田庸二)

なによりも「火入れ」をケアする

『志麻さんのプレミアムな作りおき』には、「にんじん」「玉ねぎ」「じゃがいも」「キャベツ」「トマト缶」「卵」など、素材別レパートリーが掲載されていますが、今回は、「卵レシピ」を作るときに、気をつける点を志麻さんに伺ってみました。

 志麻さんいわく、「卵料理で一番気を使うのは、火入れ、です。
 シンプルな卵料理を作るときは、火入れの仕方で全然違うものができてしまうので毎回気をつけています。
 半熟卵とゆで卵では、火入れがまったく違います。
スクランブルエッグなど、とろとろ感を追求したいときは、火を通しすぎるとダメなので、みなさんが思っている以上前で火を止める訓練をしてみるといいかもしれません。
 スクランブルエッグも、三つ星クラスのレストランでも出てくることもあるくらい立派なフランス料理です。シンプルだけど、奥が深いのがスクランブルエッグなのです」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)