フランスでベストセラー!世界22ヵ国で翻訳! 猫は「○○したいなら、犬を飼えばいい」と思っている

写真拡大

多数の仏メディアで話題となった全仏ベストセラー!
世界22ヵ国で翻訳された猫に教わる人生指南書の日本語版『猫はためらわずにノンと言う』がこのたび遂に刊行された。
他人の目は気にせず、決して媚びず、欲しいものは欲しいと言い、プレッシャーに屈せず、エレガントで自信に満ち、ひとりでも平気……子猫の時に事故にあい、左前足を失くした猫ジギーが、そんなハンディキャップをものともせず、むしろ「それが何か?」と気にもかけずに振る舞う姿は、常に他人の目を気にして、何かに追い立てられ、せわしく動きまわっている人間たちに、自分らしく生きるために本当に必要なことは何かを伝える本書から、一部抜粋して紹介する。
猫を飼っている人、猫好きな人だけでなく、猫のように、そこにいるだけで自然と一目置かれる存在になりたい人にも役に立つ!
何気なく見ていた猫たちの日常の仕草には、猫だけが知る深い人生哲学が込められていた!明日から、猫を見る目が変わります。

猫はためらわずにノンと言う。
誰もがそうしたほうがいい深い理由

猫はよく考えて、それを誰にも言わないところがいい。
(ジャン・マリー・グーリオ/俳優)

 猫は命令されるのが苦手。指示に従うなんて大嫌いだ。
 「命令したいなら犬を飼えばいい」と思っている。

 頭のてっぺんから爪の先までガンコな猫は、飼い主が何かを指示してもめったに動こうとしない。
 人間だって命令されるのが好きな人はいないだろう。
 でも、私たちは家庭でも仕事でも誰かに指示され、従うことが当たり前になっている。誰も口に出さなくても、社会の暗黙の了解として従わなければならないと思うこともある。

 でも、考えてみよう。
 ノンと言いたくても言えなくて、いつも人の言いなりになる人生ってどうだろう。

 どんな小さな頼み事でも、習慣になってしまえば、それから逃げるのは難しい。
 それがあなたにとっては余計な仕事だったとしても、上司や同僚にとっては当たり前のことになってしまう。しかもその仕事で余分に給料がもらえないのなら、いやなことはいやと言うべきだ。

 たまには子どもや夫や上司や友人に、「ノン」と言えるようにしよう。
 利己主義なのではなく、あなた自身のためだ。

 自分の時間や自由を確保しておくためにはどうしても必要なことと思うようにしよう。
 いつでも誰からでも頼み事を引き受けてしまうと、あなたは便利な人になってしまう。周囲から都合よく利用されないためにも、適度な「ノン」は必要だ。

 強引な命令と、ちょっとした親切のバランスをとらなければならない。
 誰だって他人のために四六時中働く必要はないのだ。

ノンと言ったら、
誰が何と言おうと、
とにかく絶対にノンなのだ。

わかった?

どんなことをしでかしたとしても、
それは犬がやったと思わせるのだ。
(ジェフ・ヴァルデーズ/プロデューサー)