小山昇(こやま・のぼる)  株式会社武蔵野代表取締役社長。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を15年連続増収の優良企業に育てる。「数字は人格」をモットーに、700社以上を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、年間240回以上の講演・セミナーを開催。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2017年にはJR新宿ミライナタワーにもセミナールームをオープンさせた。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』、『強い会社の教科書』、『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』、『1日36万円のかばん持ち』、『残業ゼロがすべてを解決する』などベスト&ロングセラー多数。

JR新宿ミライナタワー改札から15秒! 夏は神宮外苑の花火大会、冬は日本一高い富士山の雪化粧が見られる10階の一等地。ここに15年連続増収の株式会社武蔵野がセミナールームを開いたのは2017年2月。あれから1年弱……。社長の小山昇氏を直撃すると、「新卒説明会にも前年比2.36倍の1020名がきて、どんどん採用できる。しかも辞めない」という。JR新宿ミライナタワーの家賃は「月500万円」。ここだけで年間6000万円にもなる。
小山氏が社長に就任した1989年の売上が7億円だったが、直近では63億円に達した。
実に28年間で売上を「9倍」にした“経営のカリスマ”は、なぜこれだけの大金を1ヵ所に投資したのか?
全国700社以上を指導し、倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益、自社も日本初の「日本経営品質賞」2度受賞、15年連続増収の小山氏が、創業以来最も大切にするのが「数字は人格」という経営哲学だ。
発売たちまち重版が決定した話題の『数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』に関して、「書いてはマズイ全51社のエピソードと、99%の社長が勘違いしている“人を育てる数字・ダメにする数字”を書き尽くしてしまった。“数字は人格”には魔力がひそんでいる」と小山氏。
企業の不正発覚が相次ぐ中、なぜいま「数字は人格」なのか?
全国を飛び回っている分刻みのスケジュールの小山氏をついにつかまえた!(構成:寺田庸二)。

その怒りはお門違い

「銀行が返済能力を重視するのはおかしい。
 収益性や将来性など、
 もっと事業の中身に目を向けるべきだ」
 前回触れた格付表(本書に収録)を見て、このように憤る社長もいるでしょう。

 しかし、その怒りはお門違いです。

 会社の都合と銀行の都合は違います。

「事業を見てほしい」は会社の都合。
 一方、銀行は貸付先の事業に興味がない。

 銀行は預金者から預かったお金を運用して利益を出すことが本業で、きちんと利子をつけて元金を返してくれる会社にお金を貸す。
 これが銀行の正しい経営姿勢です。

 では、お互いの都合が違ったら、どちらの都合が優先されるのか。

 強いほうです。

 会社がお金を借りたいと考えるときは困っているときですから、銀行の都合が優先されるに決まっている。
 そのことに文句を言っても仕方がない。

 大切なのは、銀行の都合にこちらが合わせることです。

 銀行は「晴れているときに傘を貸して、雨が降ったら傘を取り上げる」といわれています。

 ならば、晴れているとき、つまり経済環境が安定しているときに借りたほうがいい。
リーマン・ショックのようなドシャ降りのときに急に借りようとしても無理です。

 また、銀行側の基準に合わせて格付を高めることも必要です。

 具体的には、返済能力を高めることが一番です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)