仮想通貨NEM 5億2300万XEM(約580億円相当:当時レート)を不正送信された仮想通貨取引所のコインチェックが、その保有者約26万人への補償方針を発表しました。

結論から言えば、NEMを保有していた全員のコインチェックウォレットに対して、日本円での返金が実施されます。金額は1XEMあたり88.549円。

算出方法は国内でもっともNEMの取扱いが多い取引所Zaifの出来高を用い、コインチェックの売買が停止した1月26日12時9分から1月27日23時までの間の加重平均とのこと。

なお、返金原資は自己資金で賄うとしているものの、補償の実施時期は検討中としました。

コインチェックは「一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます」としたうえで原因究明とセキュリティ体制強化に尽力し、「今後も事業を継続する」としています。

コインチェックは一般ユーザー向けの問い合わせページを用意しています。ただし、問い合わせ内容のチェックは営業時間内と記載されているため、返事は週明け以降になる模様です。

ちなみに、1XEMあたり88.549円だと総額は460億円ほど。つまり返ってくるのは不正送金前の約8割ということになります。