三度のメシより米が好き。そんなワタクシが熱愛するご飯モノをご紹介します!

高級食材トリュフvs.香港発のB級グルメ

 まずは銀座の路地に佇むビストロ、『グラマシーテーブル』。ランチに限定5食で出しているのが「トリュフオムライス」だ。ひと口食べれば、アノ独特の深い香りがふわっと香る……ドコロじゃない! 津波のように押し寄せてくるのだ。こんなに贅沢なオムライス、他ではなかなか食べられない。

グラマシーテーブル(最寄駅:銀座駅)

トリュフオムライス

1人前に2個分のトリュフを使用した贅沢な逸品だ。バターで炒めたライスにもペースト状と角切りのトリュフをまぜ込んで香り良く仕上げている

グラマシーテーブル 銀座
[住所]東京都中央区銀座5-9-5 [TEL]03-6228-5537 [営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、18時〜24時(22時半LO) ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A5出口から徒歩1分

 もう1食は「ラードご飯」。日本で言う“バターご飯”的存在、香港の超B級グルメなのだが、これを「ウェスティンホテル東京」の高級中華『龍天門』で、予約限定メニューとして出している。米、ひと粒ひと粒に絡まる上質なラードの甘み! コク! 旨み! 脂肪と糖がダブルパンチで食欲を刺激してくる。さらに「こんな高カロリーなものを夢中でかき込んじゃっているアタシって……」という背徳感がより一層美味しく感じさせるのだ。

龍天門(最寄駅:恵比寿駅)

ラードご飯

豚肩ロースの脂身から作る上質なラードに、香味野菜で香りづけ。シイタケを炊いて旨みを移した特製醤油がラードの甘みを引き立てる。前日までに要予約

龍天門 恵比寿
[住所]東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京2階 [TEL]03-5423-7787 [営業時間]11時半〜15時、17時半〜21時半、土・日・祝11時半〜16時半、17時半〜21時半 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩10分