チークやリップメイクは顔のイメージを大きく左右します。時間がないときにメイクすると「なんでこんな風になっちゃったの……?」な仕上がりになる場合も。そこで、時短美容家の並木まきが“短時間で仕上げるモテメイク術”を動画を使ってご紹介 第5回目の今回は“チーク&リップメイク”です。

文・並木まき

濃いめについた「チーク」の直し方

デート中、メイクのお直しをしているとき、ブラシでチークをはたいていたら、想定よりも濃く仕上がっちゃった……。

焦りますよね。でも大丈夫、一瞬でごまかす方法があるのです!

シェーディングに使うような濃いめのブラウン系パウダーをブラシで塗っていくと、濃いめについたチークをごまかせます。

一度メイクオフしてやり直したほうが美しく仕上がるけど、「そんな時間ない……!」というシーンでは、シェーディングパウダーを上手く活用してごまかしちゃいましょう

男が思わず「キスしたくなる唇」の作り方

男がキスしたくなる唇には、“ハリ”と“ツヤ”がマスト。

デート中、彼にキスして欲しいな〜というときは、トイレタイムなどに唇の上下にリップブラシを使ってグロスをオンしちゃいましょう。

このとき、少し硬めなテクスチャーのグロスをセレクトすると、男が好む“ツヤ”や“ハリ”を手っ取り早く演出できます

ブラシを使わずそのまま塗ると、キワにはみ出てしまったり、均一に塗りにくかったりするので、急いでいるときほど“リップブラシ”が大活躍。ギトギト・ベタベタな唇にもなりにくいです。

デートバッグには、リップブラシを常に忍ばせておいて。

男の本音「チークもリップもほんのりがいいね」

ここで、女子のチークやリップに対する男性の本音をご紹介します。

「チークもリップメイクもやりすぎているのは苦手です。好きなのはふわっとした感じ。女性らしくて優しい雰囲気が出ていると、可愛いと思います」(29歳/営業)

「濃いチークはイヤです! ケバい子が苦手なので、口紅もべったり塗っているよりも、薄づきで適度に艶っぽさがあるほうが好き。濃いメイクは、女の子を老けて見せると思うし、男は基本薄めのメイクが好きですよ」(36歳/弁護士)

デート前やデート中にメイク直しをする際に、ぜひ参考にしてみてください

“時短チーク&リップテク”の詳細は動画でご確認くださいね。

今回動画に登場する私は、別動画撮影の際に3分で仕上げたナチュラルメイクのままなので、やや薄づきメイクに見えるかと思いますが、リアルに対面すると、このくらいの薄さでも「お化粧してます感」はきちんと出ているんですよ。

髪の毛がちょっと乱れているのは……。収録の日が雨で、くせ毛の私は髪の毛をまとめるのにちょっと苦労したんです。何卒ご容赦を……

撮影協力:wonder V

(C) bondart / Shutterstock