<レオパレス21ミャンマーオープン 3日目◇26日◇パンラインゴルフクラブ(7,103ヤード・パー71)>
アジアと日本の共同主管大会「レオパレス21ミャンマーオープン」3日目。2018年国内男子ツアー賞金王の宮里優作がスコアを3つ伸ばし、トータル9アンダー・2位まで順位を上げた。昨年大会では優勝争いに絡みながらも惜敗。悔しさを晴らす最終日となる。
<動画>レオパレス21ミャンマーオープン3日目、日本人選手ハイライト
スタートホールをバーディでスタートした宮里は、その後15ホール連続パー。迎えた上がりの17番、18番で連続バーディ。首位と1打差に迫る好プレーでムービングデーを終え、最終日最終組を決めた。
トータル10アンダーの単独首位にフランスのライオネル・ウェバー。連日の好プレーが光る川村昌弘もこの日スコアを一つ伸ばしてトータル8アンダー。ポール・ピーターソン(米国)らと並び3位タイにつけた。池村寛世がトータル7アンダー・6位タイで日本勢3番手に上がり、ツアー初優勝を狙う。
過去2年はショーン・ノリス(南アフリカ)、トッド・シノット(オーストラリア)の外国勢に勝利を譲ってきた日本勢。明日の最終日は大会初制覇に期待がかかる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ミャンマーでリベンジ! 昨年惜敗の宮里優作らが海外勢に立ち向かう
「勝ちたかった」宮里優作はバックナインで崩れ6位フィニッシュ
モーリシャスから南アフリカ、そしてインドネシアへ!“旅人”川村昌弘の転戦プラン
池村寛世、ゴルフ人生をかけて最終日の上位進出を狙う!
レオパレス21ミャンマーオープン3日目成績