長友佑都、ベティスが“滑り止め”の第二候補として白羽の矢 本命はメキシコ代表DF

写真拡大

ポルトのDFラジョンが補強の本命 「どこかエキゾチックな日本人」の長友にも注目

 インテルの日本代表DF長友佑都が、スペイン1部12位のベティスに電撃移籍する可能性が浮上している。

 ベティスはサイドバック補強の本命獲得に失敗した場合の“滑り止め”として長友に白羽の矢を立てたと、スペイン地元紙「AS」が報じている。

 ベティスが本命としているのは長友ではなかったようだ。記事ではポルトのメキシコ代表DFミゲル・ラジュンが補強の本命としている。

「メキシコのディフェンダー、ミゲル・ラジュンがベティスの補強リストのナンバーワンの目的であることは変わらない」

 記事ではこう報じている。29歳のラジュンは右利きの左サイドバックだが、両サイドに対応する実力者。スペインのパスポートも取得しているため外国人枠も逼迫しない。ロレンソ・セラ・フェレール副会長もラジュン獲得の動きを認めているが、ベティスのサイドバック補強の第二希望として浮上したのが「Yuto Nagatomo」だという。

 記事では「(ポルトがラジュン放出に応じない場合)緑と白のクラブはその代役を探すことになる。似ている選手で、どこかエキゾチックな存在は日本人のユウト・ナガトモだ」と報じられている。

長友獲得にはEU外選手の放出が不可欠

 ラジュンと異なり、長友はEU外選手枠のために、ベティスは長友獲得にはコロンビア人FWホアン・ホセ・ナルバエスをコルドバに放出し、枠を準備する必要があるという。

 一方、長友は今季序盤、左サイドバックのレギュラーとして起用されリーグ戦11試合出場だが、直近9試合は先発落ち。DFダビデ・サントンとDFダウベルトの後塵を拝し、出場機会を激減させている。

 イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」はベティスが長友獲得交渉をスタートさせたと報じているが、長友のリーガ上陸は本命とされるラジュンの移籍交渉に影響されるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images