<レオパレス21ミャンマーオープン 3日目◇26日◇パンラインゴルフクラブ(7,103ヤード・パー71)>
アジアと日本の共同主管大会「レオパレス21ミャンマーオープン」の3日目は全選手がハーフターン。トータル6アンダー・6位タイから出た日本の賞金王・宮里優作が前半を終えて首位と2打差のトータル7アンダー・3位タイにつけている。
<動画>レオパレス21ミャンマーオープン2日目、日本人選手ハイライト
1番でバーディを奪取した宮里だが、その後はパーを並べてノーボギー。昨年大会では3日目を終了してトップに躍り出ながら優勝を逃しているだけに、勝負のムービングデー後半でスコアを伸ばしたいところ。
現在、トップはトータル9アンダーのスラジット・ヨンチャロエンチャイ(タイ)。ポール・ピーターソン(米国)が1打差の2位、宮里と同じトータル7アンダー・3位タイに3人。トータル6アンダー・6位タイに小平智ら4人がつける混戦。日本勢が大きく抜け出すのか、注目が集まる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「親子の夢が現実に」宮里優作の元にマスターズの招待状が届く
ミャンマーでリベンジ! 昨年惜敗の宮里優作らが海外勢に立ち向かう
目標10アンダー届かず パット苦戦の小平智は「不満です」
小平智がマスターズ出場圏内42位浮上 松山英樹は5位キープ【男子世界ランキング】