<レオパレス21ミャンマーオープン 3日目◇26日◇パンラインゴルフクラブ(7,103ヤード・パー71)>
アジアと日本の共同主管大会「レオパレス21ミャンマーオープン」の3日目がスタート。首位と2打差のトータル6アンダー・6位タイから出た宮里優作は、出だしの1番で幸先よくバーディスタートを決めた。

2日間、好調をキープしている川村昌弘も宮里と同組でスタート。スタートホールは無難にパー。アジアを知り尽くした旅人の優勝争いにも期待がもてそうだ。
先週の「SMBCシンガポールオープン」で2位タイに入った小平智もトータル5アンダー・9位タイと上位争いに顔を出している。なお、石川遼は予選ラウンド敗退している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

昨年大会のリベンジへ 宮里優作が好位置で予選を通過「もう1回優勝争いしたい」
ミャンマーでリベンジ! 昨年惜敗の宮里優作らが海外勢に立ち向かう
賞金王・宮里優作、2018年初戦は予選落ち「この結果は一度忘れたい」
宮里優作、愛する家族の前で決めた逆転賞金王!ウィニングボールは父・優氏へ
青木功会長、プレッシャーに打ち勝った宮里優作を賞賛「本人にとって大きな財産」