<ファーマーズ・インシュランス・オープン 2日目◇27日◇トリーパインズGC(7,698ヤード・パー72)>
もう2日間は、タイガー・ウッズ(米国)のプレーを楽しめそうだ。
【連続写真】1年ぶりの復帰、タイガーのニュースイングはまるで「武術の達人」
1年ぶりの米国男子ツアー復帰となったタイガー。昨年大会は予選落ちに沈んだが、今年はひと味違った。見せ場は最終ホールとなった9番パー5。2オンに成功し、長いイーグルパットを寄せて難なくバーディ。4バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“71”。トータル1アンダーの65位タイでフィニッシュ。決勝ラウンド進出圏外から浮上。ボーダーラインを越えて、週末のラウンドを迎える。
初日はイーブンパーの84位タイに終わった。スコアを伸ばさなければ予選通過を果たせない状況で、粘りのゴルフを展開した。10番スタートの前半は、13番パー4でティショットをハザードに打ち込むなどダブルボギー。トータル2オーバーとして、そのままバーディなしのラウンドで折り返した。「折り返しのときに予選カットラインが1アンダーだということを知った」と、いきなり後半スタートの1番からギアを上げた。
「毎回、長いパットを沈めるのは難しいよ」といいながらも、1番で見事に12mのバーディパットを決めるとガッツポーズが飛び出した。5番、7番でもバーディを奪い、トータル1アンダーまで伸ばし、予選通過が見えたが8番でボギー。「必死で戦った。それが私のスタイル。再び戦える喜びがあるよ」と、9番のバーディ締めでファンを喜ばせた。
2015年8月に10位タイに入った「ウィンダム選手権」以来の予選通過。見事な後半のカムバックと明るい話題もあるが、「今週はショートゲームがいいけど、もっとティショットを修正しないといけない。バーディチャンスにつかない」と、ビッグスコアにはまだ課題が残る。予選通過がニュースになるのはかつてのタイガーからは想像もできないが、それでも完全復活への期待が高まった予選通過。決勝ラウンドでの大爆発に期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ファーマーズ・インシュランス・オープン 2日目のリーダーボード
タイガーのニュースイング(後方)と過去のスイング一覧
松山英樹、ショット復調に一定の手ごたえ「前半と最後のほうは良かった」
松山、ウッズのプレーに脱帽「“この人どうしようもないなぁ”と思った」
開幕前にブックメーカーがウッズの予選通過につけたオッズとは?