2018年は、パトリシア・ウルキオラがデザインした新しいブースに一新。2018年の国際高級時計展(SIHH)では、3つのテーマを軸に新作が発表されました。その中には、パネライのイメージを覆すモデルもお披露目されています。 →前編

 

 

ルミノール ベース/マリーナ

「ルミノール ベース ロゴ 3デイズ アッチャイオ - 44mm」Ref.PAM00774

 

 

「ルミノール マリーナ ロゴ 3デイズ アッチャイオ - 44mm」Ref.PAM00778

 

ベーシックなルミノールのコレクションから、ブルーのOPロゴを使った2針のベースとスモールセコンド仕様のマリーナが3本ずつ発表されました。搭載するのは、こちらも新型となる手巻きCal.P.6000。3日間パワーリザーブは、パネライにとってはもはや標準仕様といえるでしょう。

 

 

ロ・シェンツィアート/ラストロノモ

「ロ・シェンツィアート - ルミノール 1950 トゥールビヨン GMT チタニオ - 47mm」Ref.PAM00767

 

2018年は、パネライ創業の地イタリア・フィレンツェにゆかりのある天才ガリレオ・ガリレイにちなんだコンプリケーション2型が登場。

 

「ロ・シェンツィアート」は、DMRS(ダイレクトメタルレーザーシンテリング)なる新たな技術を用いたケース設計を採用。金属3Dプリンタ技術によってチタンケース内部を空洞にし、直径47mmというサイズの複雑時計ながら100gの質量を達成しました。世界限定100本

「ラストロノモ - ルミノール 1950 トゥールビヨン ムーンフェイズ イクエーション・オブ・タイム GMT チタニオ - 50mm」Ref.PAM00920

 

ラストロノモには、パネライ初となるムーンフェイズ表示を採用。これに加えて、日の出入り、均時差、トゥールビヨンを搭載した圧巻のコンプリケーションとなっています。デイト表示は、「偏光」の仕組みを応用した透明ディスクを用いた特許技術。3時位置にあるときだけ日付が出現するため、美しいスケルトン構造やトゥールビヨンの美観を損なうことがありません。受注生産でケース素材を選ぶことができるそうです。

 

オフィチーネ パネライ http://www.panerai.com/