画像提供:マイナビニュース

写真拡大

なか卯は2月1日より、「プレミアム重」シリーズの第6弾となる「豚テキ重」(税込690円)を期間限定で発売する。前回の「牛たん重」発売から2カ月というハイペースでリリースされた同メニュー。シリーズ中最もお手頃な価格となるが、プレミアム感は健在なのだろうか?

○ウスターソースをベースにした飽きの来ない味は、やはりプレミアム!

いきなり結論を述べてしまうが、第6弾となる今回のメニューも、しっかりとプレミアムな味わいを実現していた。それもそのはず、なんとこの「豚テキ重」は構想3年の力作であるとのこと。三重県四日市市が発祥と言われているご当地グルメの「トンテキ」をなか卯流にアレンジし、その存在がよりメジャーになったタイミングで発売にこぎつけたのだ。

味付けのベースとなるのは、ウスターソースに黒胡椒をきかせ、さらにニンジンの甘みを加えたオリジナルソース。厚切りの豚肉にしっかりと絡む、まろやかでコクのある味に仕上がっている。ウスターソース特有のほのかな酸味もクセになる。

「トンテキ」というと、ニンニクを強めにきかせたパンチのあるソースを思い浮かべる人も多いかもしれないが、このソースはパンチを保ちつつもニンニクの風味はだいぶ抑えられている。そのため、ランチにもオススメできるうえに、女性でも気兼ねなく楽しめる一杯だと言える。

ご飯の上にぎっしりと敷かれた千切りキャベツも、ソースとの相性は抜群だ。お肉の上にトッピングされた白ごまと三つ葉もいい仕事をしている。別添えのからしを付けると、鼻に抜ける辛さとともに肉の旨みと脂の香りを改めて堪能することができる。

同メニューは、大盛りでも税込750円という非常に良心的な価格設定となっている。販売期限は3月上旬までの予定。プレミアム重シリーズ新作の開発スピードに追い抜かれないよう、早めのチェックが吉だ。