“平成の怪物”平山相太が引退、元同僚や元代表戦士たちから労いと惜しむ声「寂しいね」

写真拡大

昨季限りでの現役引退を発表、13年のプロ生活に幕 理由は「度重なる怪我」と説明

 J1ベガルタ仙台は26日、元日本代表FW平山相太が昨季限りで現役を引退すると発表した。

 昨季FC東京から仙台へ移籍した32歳のストライカーがスパイクを脱ぐ決断を下し、かつての同僚や元日本代表MFから労いのメッセージとともに、引退を惜しむ声が届いている。

 平山は190センチと大柄ながら足元の技術も備えたストライカーとして国見高校時代から注目を集め、高校サッカー選手権大会では史上初の2年連続得点王に輝くなど「怪物」と評された。筑波大を経て2005年にオランダ1部ヘラクレスでプレー。2006年にFC東京へ移籍し、11シーズン在籍した。昨季仙台へ完全移籍を果たしたが未出場に終わっていた。

 平山は公式サイトを通じて「度重なるけがのため、現役から退き、引退することを決断いたしました」(原文まま)と理由を説明。「開幕前の大事な時期にクラブに迷惑を掛けてしまうことを申し訳なく思っています」と謝罪した一方、古巣のFC東京について「自分の家のような感覚を持っています」と明かし、「喜び、楽しさ、悔しさ、悲しみ、たくさんの思い出があります」と振り返っている。

 13年のプロ生活を終えた平山に対して、ツイッター上で切磋琢磨を続けてきた仲間からメッセージが続々と届いている。

 FC東京で長年共闘したDF森重真人は「平山相太選手の引退。本当に残念ですが13年間お疲れ様でした。こんなにも頼もしいFWはいなかったです。同じチームで戦えた事に感謝です」と思いを記した。

 平山と同じ1985年生まれで、昨季は仙台でともにプレーしたDF増嶋竜也は「相太の引退は寂しいね」とぽつり。「去年一年間リハビリをがんばってる姿を近くで見ていたから、ピッチで頑張ってる姿をもう一度見たかった。相太は本当に悔しいと思う。現役生活お疲れ様」と労った。

「舎弟として運転手をしてたのはいい思い出」

 また、昨季限りで同じく現役から退いた石川直宏は、FC東京でともにプレーした後輩から一報を受けて驚きを隠せなかったと明かしている。

「相太の引退。本人から連絡もらった時には驚きと信じられない気持ちでした。ただ、電話から聞こてきた声はいつも通りで。引退するのにも相当悩んだと思うけど、長年の怪我と痛みで悩み続けていた心とからだをリセットさせる必要があったのかもしれない。寂しいし残念だけど気持ちがよく分かる」

 同じくFC東京組のDF吉本一謙は「プロになりたての時に相太君の舎弟として運転手をしてたのいい思い出です!笑 1人の人間として、とても尊敬できる先輩であり仲間で相太君と一緒に過ごせて良かったです」と発信。またDF太田宏介は「相太くんの数多くのゴールをアシストできたのは自分の誇りです」と胸中を記した。さらに、今冬にヴィッセル神戸からサガン鳥栖への移籍を決断した元FC東京MF高橋秀人は「相太くん、お疲れ様でした。次のステージでのご活躍を心から願っています!」とエールを送っている。

 各々が平山の心情を汲みつつ、惜別のメッセージを届けている。サッカー界を沸かせた「平成の怪物」は惜しまれつつ、現役生活に別れを告げた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images