歌舞伎町のランドマーク「新宿プリンスホテル」

写真拡大

“眠らない街”として知られる歓楽街、新宿・歌舞伎町。いまや歌舞伎町は日本人だけでなく訪日外国人も溢れかえるナイトスポットになっているが、尽きないインバウンド需要を見込んでホテルの進出が盛んになっている。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が、変わりゆく歌舞伎町のホテル事情をレポートする。

 * * *
 激増する訪日外国人客の消費喚起として、いま「ナイトタイムエコノミー」が注目されている。ナイトタイムエコノミーは「夜遊び経済」といわれる。訪日外国人客数が増加の一途を辿る中、消費額の伸びが伴っていないとされ、外国人観光客の夜間消費を増やすことで経済の活性化につなげようとする施策だ。

 外国人観光客には「終電が早く夜の観光が楽しめない」といった不満の声は多く、夜の娯楽へのニーズは相当高いとされる。

 夜のコンサートや観劇、スポーツ観戦などはすでに高い人気だ。外国人観光客の動向がモノ消費からコト消費といわれる中、2016年の風営法改正、2017年4月の時間市場(ナイトタイムエコノミー)創出推進議員連盟の設立など、目下、観光施策の柱として注目されている。

 ホテルもナイトタイムエコノミーに着目している。増加する宿泊主体型ホテル(ビジネスホテル)にとっても、ナイトタイムエコノミーは魅力的に映るようだ。

 多彩な施設・サービスを提供できるフルサービス型ホテルと比較し、限定的なサービス提供が特徴の“寝るだけのホテル”にとって、宿泊客に夜の街を丸ごと楽しんでもらえるのは好都合だろう。街がホテルの価値をアップさせることにも繋がりそうだ。

 最近、ホテル業界ではライフスタイルホテルというワードが認知されはじめている。一言でいうと、暮らすように過ごすホテルということになろうか。繁華街への出店も目立っている。

 1月22日に開業した「ハイアット セントリック 銀座 東京」も従来のフルサービスではなく、銀座の中心部というロケーションでゲストが各々の滞在スタイルを描くことを想定、夜の銀座をまるごと楽しめるホテルともいえる。

 一方、夜の繁華街といってまず思い浮かぶのが新宿・歌舞伎町。アジア最大級の歓楽街、眠らない街などと表されるまさにナイトタイムエコノミーを体現するかのようなエリアだ。

 2004年、当時の石原慎太郎東京都知事により着手された“歌舞伎町浄化作戦”最後の象徴ともいえる出来事が、新宿コマ劇場解体→TOHOシネマズ新宿のオープンだ。これまで近づきにくかった歌舞伎町が、開かれたイメージになったと感じた人も多いことだろう。

 TOHOシネマズ新宿は実物大のゴジラ模型でも知られるが、併設されているホテルが「ホテルグレイスリー新宿」。ワシントンホテルの上級ブランドだ。斜め向かいには、同じく宿泊主体型ホテルの「アパホテル 新宿 歌舞伎町タワー」も進出、いずれも訪日外国人客に大人気のホテルとなっている。実際に宿泊すると、訪日外国人客の多さと共に、夜遅くまで歌舞伎町を楽しむ姿を散見する。歌舞伎町とホテルの親和性を感じる印象的なシーンだ。

 歌舞伎町のホテルといえば、従来からレジャーホテル(ラブホテル)のイメージが強かった。そんな歌舞伎町ホテルシーンに風穴を開けたのが、2013年に開業した「新宿グランベルホテル」だ。

 その後、ホテル不足問題などから、レジャーホテルの一般ユース取り込みに試行錯誤しつつ前記のような一般ホテルも急増した。訪日外国人客の増加は歌舞伎町のホテルシーンを変貌させたともいえる。

 そして、歌舞伎町のホテルで忘れてはならないのが「新宿プリンスホテル」だ。

 西武新宿駅に直結する歌舞伎町の最高立地ホテルともいえる。このところロビーやレストランなど大規模なリニューアルがすすめられ、日本人客はもとより、訪日外国人客にも人気が高いホテル。何よりホテルカテゴリーとしては、他の宿泊特化型ホテルと一線を画すプリンスホテルの看板。歌舞伎町のランドマークホテルともいえる。

 レジャーホテル需要が高いエリアだけに、一般ユースのホテルステイ場所としては注目されてこなかった歌舞伎町であったが、ここにきて一般ホテルがにわかに活気づいている。それもやはりナイトタイムエコノミーがキーワードだ。

 さもすれば、危険、不安といった夜の歓楽街において、アパホテル、ワシントンホテル、プリンスホテルといったホテルブランドの信用力は、ゲストに歌舞伎町ステイの選択肢をもたらすだろう。すぐに“基地”へ戻れる安心感は絶大だ。

 ナイトタイムエコノミーが注目される中で歌舞伎町のホテルを取材していると、変化の波が押し寄せていることに気付く。

 訪日外国人客を意識した高感度なリニューアルなど見られる中、実現の可否はともかく、特異なコンセプトを有する宿泊プランを打ち出す動きが水面下で動き出している。歌舞伎町エリアのホテルならではの魅力にフォーカスした“体験型ホテル”としての可能性を模索する動きだ。コト消費はホテルをも席巻している。

 有名なゴールデン街も近く、終夜営業の個性的な飲食店も多くある歌舞伎町。そうした飲食店とタイアップしたプランはもちろんであるが、浄化されてきたとはいえ、いまだにグレーなイメージが残る町のお店といえば風俗店が想起される。性風俗店を除くお店としてまず思い浮かべるのがホストクラブやキャバクラだ。

 ホストクラブなど一度行ってみたいという女性の声を聞くこともある。また主たるエリアは異なるが、ゲイバーなどは男女ともに一度は体験してみたいという人が多い。日本人ばかりでなく訪日外国人客も興味津々だという。とはいえ、料金への不安など実際出向くのはハードルが高く心配が先立つことは容易に想像できる。

 ホストクラブの運営会社による「歌舞伎町ブックセンター」も話題だ。歌舞伎町のラブホテル街で「愛」をテーマにした約600タイトルの本を扱う。歌舞伎町の伝統ともいえる風俗を文化という視点から次のステージへ移行する試みともいえる。

 広い意味での風俗は、ならわしの時間を経て文化になる。ホテルは街の文化的成熟度のメルクマール。近い将来、ホテルの信用力を担保にした「ホストクラブ体験プラン」「ゲイバー体験プラン」などが誕生するかもしれない。

 一方でナイトタイムエコノミーに関しては、「治安が乱れる」「働き方改革に逆行」といった懸念も指摘されている。今回は歌舞伎町とホテルにフォーカスしてみたが、観光立国の実情は、既存の概念にとらわれないトライ&エラーの積み重ねなのかもしれない。