ハマのスターのお相手は?(時事通信フォト)

写真拡大

 プロ野球12球団は2月1日から一斉に春季キャンプインするが、「日本の4番」は今季に例年以上の“熱い思い”を抱いているかもしれない。侍ジャパンの稲葉篤紀監督は1月23日の会見で、東京五輪の4番に横浜DeNAベイスターズ筒香嘉智(26)を早くも指名した。

 筒香は2016年に本塁打王・打点王の二冠を獲得し、2017年のWBCでは全試合で4番を任された。今「最も三冠王に近い日本人選手」の呼び声も高い。そんな筒香について、年明けからDeNA番記者の間では“不思議な行動”が噂になっていた。

「各球団の主力選手は積極的に自主トレの様子を公開するものですが、今年の筒香は、番記者に練習場所も明かさずに“隠密行動”を取っていたんです。“プライベートで忙しいんじゃないか”という噂が広がり、どうやら結婚間近だという話になったのです」(スポーツ紙記者)

 結婚相手として取り沙汰されたのは、飲食関係の仕事をしている30代半ばの女性。10歳ほど年上の“姉さん女房”になる。女性の知人が明かす。

「彼女はさっぱりした性格で、目のパッチリしたスレンダー美人。人柄の良さからお客さんにとても人気があって、“やり手”として有名でした。出会いは焼き鳥屋だったそうですが、その後筒香選手が彼女のお店に足繁く通うようになったようです。彼女目当ての客が多いのでライバルが多かったんじゃないでしょうか」

 長打を連発する彼らしからぬ“つなぐバッティング”で着実に塁を進め、交際にこぎつけたようだ。ただ、最後に“試合”を決めたのは、やはりここ一番でのフルスイングだった。

「女性は去年の初めに店をオープンしたばかりでしたが、1年も経たないうちに閉めちゃったからビックリしました。本人に理由を聞いたら、“筒香さんと結婚して家庭に入る”というんです。自立した女性だったから驚きました」(別の知人)

 推定年俸3億円の筒香にしてみれば、女性を“マウンド”から引きずり下ろすのはたやすいことだったのだろうか。

 DeNA広報部は「結婚を前提に交際している方がいるという話は承知しています。他のことにつきましては個人のプライベートな内容であり、当球団としてコメントする立場にありません」と話した。

 筒香の恩師で、横浜高校野球部元監督の渡辺元智氏に話を聞いた。

「昨年末、彼に会いましたけど、何も知りませんでした。まぁ彼は寡黙なタイプですから。プロ野球選手は結婚が早い方がいい。もし本当なら良かったと思いますよ」

 過去に三冠王を取った野村克也氏、落合博満氏は“姉さん女房”をもらって大活躍したが、筒香はそれにあやかれるか。

※週刊ポスト2018年2月9日号