Galaxy S9シリーズの画像がリーク!?

さまざまな製品のリーク情報を提供しているEvan Blass氏( @evleaks )は26日(現地時間)、海外メディア「VentureBeat(VB)」にてサムスン電子の次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9」および「Galaxy S9+」(ともに仮称)のプレスリリース用画像をリークする記事を公開しています。

サムスン電子ではスペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせて現地時間(CET)の2018年2月25日(日)18時からイベント「Samsung Galaxy Unpacked 2018」を開催し、Galaxy S9シリーズを発表予定。

公式発表のティザー画像では「カメラ(camera)」を「再イメージする(reimaging)」と記載されており、カメラ機能が強化されると見られており、Evan Blass氏はリーク画像とともにGalaxy S9・S9+ともに背面のリアカメラがF1.5とF2.4のF値を切り替えられるようになっているなどと紹介しています。


Galaxy S9シリーズはサムスン電子の次期フラッグシップスマホで、日本でも昨年5月に発売された「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」の後継機種です。VBの記事ではGalaxy S9・S9+は、Galaxy S8・S8+から大きな変更はなく、5.8インチと6.2インチという画面サイズやデザインはそのままになるとしています。

一方でGalaxy S9・S9+のトピックスはハードウェアの進化を遂げており、チップセットは「Exynos 9810」もしくは「Snapdragon 845」を搭載し、最大内蔵メモリー(RAM)は「Galaxy Note8」と同じ6GBになるほか、Galaxy S9+ではGalaxy Note8と同様に背面のリアカメラがデュアルレンズカメラ(約1200万画素+約1200万画素)になるということです。

またカメラはリアカメラ(Galaxy S9+はメインのほう)が絞りが可変となり、業界で最も明るいF1.5とF2.4が切り替えられるようになるとのこと。さらに「Xperia XZ Premium」などの「スーパースローモーション」(960fps)のようなモーション検出されたスローモーションムービー撮影(720p・480fps)が可能になるということです。

また同氏は画像は公開していないものの、Galaxy S9シリーズではGalaxy S8シリーズのように背面の各パーツが横並びではなく、縦並びになるとしており、Galaxy S9+ではデュアルレンズカメラが縦に並ぶとすれば、ライバルの「iPhone X」のような縦並びになると思われます(とはいえ、恐らくGalaxy S9+では中央の縦並びと見られるが)。

またフロントカメラは約800万画素で、本体下部にステレオスピーカーを搭載し、発売時期はグローバル市場では3月16日になるとし、この発売日がリークした画像の日付になっており、これが公式画像であると証明することを期待しているとまとめています。


公式のティザー画像。発表は日本時間(JST)では2月26日(月)2時から


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy S9シリーズ 関連記事一覧 - S-MAX
・These are the Samsung Galaxy S9 and S9+ | VentureBeat