【1月26日まとめ】フェデラーが2大会連続で決勝進出を決める [全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の12日目、男子シングルス準決勝と女子ダブルス決勝が行われた。

男子シングルスでは、「ディフェンス力がいい選手だし、どう戦うのがいいか様子を見ながら挑みたい」と試合前に語ったロジャー・フェデラー(スイス)が圧倒的な試合展開で第1セットを先取。第2セット途中でチョン・ヒョン(韓国)がメディカルタイムアウトを取り、その後フェデラーがリードの5-2となったところでリタイアした。フェデラーは2大会連続で決勝進出を決め、通算30回目のグランドスラム決勝進出、さらに20回目のグランドスラムタイトルを狙うことになった。

女子ダブルスでは、クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)/ティメア・バボス(ハンガリー)がストレートで勝利を収め、グランドスラム初優勝に輝いた。

◇   ◇   ◇

【1月26日 主な試合結果】

◆男子シングルス準決勝

○ロジャー・フェデラー(スイス)6-1、5-2(リタイア)●チョン・ヒョン(韓国)

◆女子ダブルス決勝

○クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)/ティメア・バボス(ハンガリー)6-4、6-3 ●エカテリーナ・マカロワ(ロシア)/エレナ・ベスニナ(ロシア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は決勝進出を決めたフェデラー
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images))