今まで販売された「ヘッドマーク弁当」のシリーズ。「ひばり」「あさま」「あずさ」の順に発売され、今回は「ひたち」だ(筆者撮影)

人はなぜか鉄道のヘッドマークデザインに惹かれる。間違いなく私もその1人だ。

コレクター気質なので、文具やキーホルダーなどの鉄道グッズをつい買い集めてしまうが、最も多い絵柄はヘッドマークのものだ。

昔から鉄道好きの方たちにとっては、ヘッドマークは思い出の再生装置とも言える。そのデザインを見れば、いろいろな記憶や思い出や情報が蘇ってくるだろう。対照的に、普段、鉄道にそんなに興味を持たない女性でも、ヘッドマークデザインのものは「かわいい!」と手に取ることが多いように思う。

今度は梅のマークの「ひたち」


この連載の記事一覧はこちら

そんなヘッドマークを使用したデザインで、ありそうでなかったのがJR東日本リテールネットのオリジナル商品、「特急列車ヘッドマーク弁当」だ。名前のとおり、在来線特急列車のヘッドマークがデザインされた弁当箱に、実際に走っていた沿線にゆかりのある名店が中身を監修している。

昨年7月に第1弾の「ひばり」が出てから、第2弾の「あさま」、第3弾の「あずさ」と続き、今回は第4弾の「ひたち」が登場する。

今回採用された特急「ひたち」の歴史をざっと説明する。


かつての特急「ひたち」(写真:Yoshi / PIXTA)

●特急「ひたち」
1969(昭和44)年に気動車特急として誕生、当時は季節列車として上野駅―いわき駅間を運行していた。その後、1972(昭和47)年に電車特急となり、同時にエル特急に指定される。1989(平成元)年には、「スーパーひたち」651系、1997(平成9)年には「フレッシュひたち」653系が登場し、梅のヘッドマークは消滅。現在は全て新型車両657系に置き換えられ、東京・品川への乗り入れも実現している。「ひたち」は茨城県の一部を除く旧国名「常陸の国」から名付けられた。


「ひたち」のヘッドマーク弁当。スリーブやお弁当の容器の色は国鉄の特急カラーを意識したもの(筆者撮影)

弁当の中身は、水戸駅にある駅弁屋「しまだフーズ」が手がけている。「しまだフーズ」と言えば、大洗名物「釜揚げしらす弁当」や「黄門弁当」で知られる。最近では「牛べん」や「豚べん」など、東京駅の駅弁売り場で見かけるものも多い。

エル特急「ひたち」の前面を模したデザインのスリーブを開けると、大胆にヘッドマークがデザインされたお弁当箱が現れる。しっかりとした密閉性の高い容器は、スケーター株式会社の「4点ロックランチボックス」の型を使用したもの。クリームと赤の色合いは、まさに「国鉄色」だ。

なぜヘッドマークを駅弁に?

このお弁当の企画を考えた株式会社JR東日本リテールネット デベロッパー営業部 グルメ課の副課長、臼田和宏さんにお話を伺った。

――なぜ、「ヘッドマーク」のお弁当を作ろうと思われたんでしょうか?


ヘッドマーク弁当の企画を考案した臼田さんは現在43歳。子どもの頃、鉄道好きの兄と一緒によく行動していたという(筆者撮影)

「小学校3年生の頃、東北新幹線が大宮まで開通する以前の上野駅で、北へ向かう特急列車の写真をよく撮りに行っていたんです。そのとき、ヘッドマークのイラストデザインに非常に心惹かれるものがあって。いつかヘッドマークで何か作りたいと思っていたのです」

「それともう1つ、会社でお弁当専門店の店長をやらせていただいたことがありまして。旅行に行かれる方が、乗る前にワクワクしながら選んでいるのを見て、駅弁とはそういう旅の演出に重要なアイテムなんだと感じました。そこで買ったときに記念に残るお弁当を作ってみたいと思ったんです。その後も会社のランチボックスなどに使ってもらえれば、と」

――では、最初から子ども向けではなかったんですね?

「最初はそう考えてもいたんですが、どんどんお弁当の容器やチョイスする特急列車にこだわっていったら、子ども向けから離れてしまったんです。中身もそれに合わせていくと、食べ物の嗜好も子どもというより大人の要素が入ってきました」

実際に買うのはやはり子どもより大人の方が多いそう。そして女性も結構買っていくとのことだ。

――小学3年生くらいの男子だと鉄道車両自体が好き、という子が多いように思いますが、臼田さんはヘッドマークが好きだったんですね。

「そうですね。特急列車が好きだったんですけど、当時は綾瀬に住んでいたので『ひたち』も良く見かけていて、まさにこのヘッドマークが好きでした。あと、親戚が長野に多いので、『あさま』もよく乗っていました」

絵柄を選ぶ基準は何?

――やはりご自分に馴染みがあるものを採用されているとか……?

「いえ、『あさま』は、おぎのやさんとの相性の良さから考えました。かつて『あさま』が横川駅でEF63(碓氷峠で勾配区間の後押しをした電気機関車)と連結する間に、おぎのやさんの峠の釜めしを買うという風景が、旅情感とか郷愁を象徴したような組み合わせだと思っていたので、ぜひ『あさま』のお弁当はおぎのやさんに監修していただきたいと思っていました」


「ひたち」ヘッドマーク弁当の中身。甘くてやわらかな常陸牛しぐれ煮は誰もが好きな味だ(筆者撮影)

――中身も走っている路線に沿ったものをテーマにしているんですね。今回の中身は、どのようなコンセプトなんでしょう?

「しまだフーズさんからは、しらすと常陸牛の2つをご提案いただいたんですが、好き嫌いがあまりなさそうな肉を採用しました。お米も茨城産コシヒカリですし、なるべく地元の食材を扱うようにしています。それから大洗にかねふくさんの工場があるので、ぜひ明太子は入れたいと(笑)」


かつて走っていた特急列車の路線に沿ったイメージで作られた献立。表面は国鉄カラーの特急ひたちの写真(筆者撮影)

――あっ知ってます!「めんたいパーク」ですよね。私もかねがね行きたいと思っていました。明太子工場を見学して、試食してみたいです。

「青梅を入れるのは最後に決まりました。やはり水戸は梅、というイメージがありますから」

まさにこの「ひたち」のヘッドマークに描かれているのは茨城県の名所、水戸の偕楽園の青空に咲き誇る梅の花だ。

――今後もこのシリーズは続くのでしょうか?

「そうですね、できれば第10弾まで目指して続けていきたいですね」

偕楽園で梅を見ながら…

「特急列車ヘッドマーク弁当 ひたち」は2月5日から、東京駅、品川駅、上野駅、大宮駅、蒲田駅にある「膳まい」と、水戸駅、勝田駅の「New Days」で販売される。価格は今までと同じ2160円(税込)だ。

ところでこのお弁当を販売する「膳まい」は、独自で工場を持っていない。製造するわけではなく、お弁当を仕入れて販売する、セレクトショップといえばわかりやすいだろうか。なだ万や叙々苑などの名店をはじめ、駅弁マークが付いていない駅弁なども独自ルートで仕入れている。

私も駅弁でご飯ものが続くと、カツサンドが食べたくなることがちょくちょくあり、そんなときに必ず「膳まい」を利用する。なにしろ東京駅の「膳まい」には「肉の万世」に「とんかつまい泉」、「浅草ヨシカミ」に「日本橋たいめいけん」のカツサンドがずらりとそろっているのだ。先日は私がまだ食べたことのなかった北海道のカニ弁当フェアをやっていた。なかなか素通りできないお店である。

今回のお弁当、私としては特急ひたちに乗車し、いまだ降り立ったことのない偕楽園駅から水戸の梅まつりが開催される偕楽園に行き、梅を見ながら食べる……というのが理想だ。

ちなみに偕楽園駅は、偕楽園の梅まつりの時期に合わせて営業する臨時駅。今年の梅まつりは2月17日から始まるとのこと。「容器にも中身にもこだわった旅の記念に残るお弁当」とのうたい文句のとおり、せっかくなら駅弁は、やはり旅をしながら食べたいものである。