人生の一大イベントといえる結婚披露パーティーを、KFCで済ませてしまったチキン好きのカップルが、Worcester News、Daily Mailといった海外メディアで話題になっている。

一大イベントを地元のKFCで

結婚披露パーティーの場所をどこにするかで、頭を悩ませるカップルは多いだろう。自分たちの結婚を家族や知人に披露する、晴れの舞台だ。

ところが、イギリスのEdward SimmsさんとCherishさんの2人は、それを地元ウスターシャー州ウスター市のKFCで済ませてしまった。2人ともKFCのチキンが大好きだそう。

当日は、市役所に集まった40人の招待客の前で結婚の宣誓をし、婚姻届を提出した後、全員が市内のKFCに移動したという。

KFCのスタッフも驚き

2人がKFCに結婚披露宴の予約を入れた時、KFCのスタッフは本気にしなかった。

「スタッフは何度もこう言いました。『あなた、本当にそれでいいんですか?』とね。『本当に?』と繰り返し尋ねられました」Cherishさんは海外メディアのインタビューを受けてこう言っている。

2人の家族も最初は半信半疑だったが、結局は2人のプランを受け入れてくれた。

「よくありがちな、退屈な結婚披露宴にしたくなかったの」とCherishさん。「だから、彼と話してKFCでできないかと……それに費用に節約にもなるし。浮かせたお金はハネムーンに回せるでしょ」

総費用は15,000円

パーティーはKFCの1店舗貸切で行われた。メニューは通常のもの、フライドチキンやポテト、その他のサイドメニューだ。また、KFCのミニ風船が招待客全員に配られた。

パーティーは滞りなく進み、全員が十分に楽しんでいたそうだ。

そして、かかった費用は総額100ポンド(約15,000円)。何と安上がりなことか。

「見栄を張った見せびらかしの結婚パーティじゃなく、来てくれる人たちのためのパーティをやりたかった」とCherishさんは言う。

「大事なのは結婚の日をみんなで楽しく過ごすことじゃないかしら。形式張った堅苦しい時間を過ごすために、何ヶ月も前から色々な手配で走りまわり、消耗するのは馬鹿らしいと思ったの」

ひょっとしたら、これが究極のスマートな結婚パーティなのかもしれない。