メッシ、バルサ本拠地で“クラブ通算4000ゴール目” リーガ公式絶賛「選ばれし者」

写真拡大

国王杯エスパニョール戦、メッシが本拠地カンプ・ノウでメモリアル弾

 バルセロナは現地時間25日に行われたスペイン国王杯準々決勝エスパニョールとの第2戦に2-0で勝利。

 第1戦は0-1と敗れたが、2戦合計スコア2-1で逆転での準決勝進出を決めている。その立役者となったのは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだった。バルサの本拠地で記念すべきクラブ公式戦通算4000ゴール目で決勝弾を決めたエースについて、リーガ公式ツイッターでは「選ばれし者」と絶賛している。

 1957年に開場したバルサの聖地カンプ・ノウ。紺とえんじ色のユニフォームを着た名手たちによる数々のスーパーゴールがファンを魅了してきたスタジアムで、圧巻のメモリアル弾が生まれた。

 バルサの1-0リードで迎えた前半25分、最終ラインからのロングフィードに飛び出したのはメッシ。相手マーカーの股抜きを狙ったが、一度阻まれた。だが、クリアしきれなかったエスパニョール守備陣の隙をメッシは見逃さなかった。鋭い出足でボールを奪い返すと左足を一閃。強烈なシュートは相手DFに当たりコースを変えながらゴールに突き刺さった。

 このゴラッソを取り上げたのはリーガ・エスパニョーラの公式ツイッターだ。

「EL ELEGIDO(選ばれし者) メッシはバルセロナのカンプ・ノウでの公式戦の4000ゴール目を決めた」

「至高!!!」「王による新たな足跡」との声も

 メッシの4強進出弾がメモリアル弾だったことを伝えた。すると返信欄にはファンから「至高!!!」「王による新たな足跡」「自分の守備で奪ったゴール」と千両役者を称賛する声も上がっている。

「選ばれし者」はバスケットボールNBAのスーパースター、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームスが自らタトゥーで刻み込んだ異名でもある。サッカー界で最高峰に君臨するメッシに最も相応しい称号かもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images