石川遼、初ミャンマーでの戦いは悔しい結果に(提供:大会事務局)

写真拡大

<レオパレス21ミャンマーオープン 2日目◇26日◇パンラインゴルフクラブ(7,103ヤード・パー71)>
ミャンマー初上陸は悔しい結果に終わった。
【関連】夕闇に沈む石川遼
アジアンツアーとの共同主管で行われている国内男子ツアー2戦目「レオパレス21ミャンマーオープン」2日目。首位と5打差の1アンダー・34位タイからスタートした石川遼だったが、4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“73”でスコアを二つ落とし、トータル1オーバー・67位タイで無念の予選落ちとなった。
「やっぱり内容が…。ショットが不安定だったので、こういう状態で戦うのは難しかったですね」。昨年の最終戦となった「カシオワールドオープン」では2位タイ、先週も途中までは優勝争いと、不調から脱してきたかに見えたが、一度狂った歯車は最後までかみ合わなかった。
10番スタートの11番でバーディが先行したが、13番でダブルボギー。14番でバーディを取り返したが、その後3つのボギーで失速する。折り返した1番、5番でバーディをもぎ取り、予選通過ラインのトータルイーブンパーまで戻したが、7番パー4でティショットを左に引っかけ、セカンドをバンカーに打ち込むと寄らず入らずのボギー。「全体的にティショットが左に真っすぐ飛んでいった。狙ったラインに行っていない」と、唇をかんだ。
今の石川は一進一退の状態。いい日もあれば悪い日もある。それでも、昨秋からやってきたことに迷いはなく、信念を貫く構え。「どこか一つ直せば、来週までには修正できるかなと思う」。強気を崩さず、来週はアジアンツアーと欧州ツアー共催の「メイバンク選手権」への出場も決まっている。「来週もコースは初めてだけど、いいフィールド。全体的にスイングの底上げもできていると思う」と、ミャンマーからマレーシアに戦いの場を移し、結果を残す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【連続写真】石川遼が自身のショットを解説 10年間でのベストスイングは?
石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて