安倍首相(資料写真)=聯合ニュース

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日付の論評で、日本の安倍晋三首相や内閣官房長官、外相、防衛相など政界の重要人物が北朝鮮に関してまったく的外れな世論をまき散らし、どうにかして南北の間にくさびを打ち込もうとしていると非難した。

 朝日交流協会に所属する個人の名義で発表された論評は、安倍首相にとって朝鮮半島の情勢不安と軍事的緊張の激化は憲法改正において良い名分になると主張。「逆に北南(南北)関係が改善されることほど不吉な悪夢はないとみるべきだ」などと日本を非難した。

 最近の南北の融和ムードを強調するとともに、韓日、韓米日の連携を揺さぶる狙いがあるとみられる。