iPhoneの次回のメジャーアップデートの後、Appleのアプリや機能が個人情報を扱う場合、プライバシーロゴが表示されるようになるといわれていますが、どうやらそのロゴに隠された意味が存在するようです。

プライバシーは基本的人権

プライバシーの保護をAndroidデバイスとの差別化戦略として打ち出しているAppleは、次回のソフトウェアアップデートで新たにプライバシー表示を導入するといわれています。
 
プライバシー表示は、Appleのアプリや機能が、安全性の向上や、体験をパーソナライズするためにユーザーの個人情報を取り扱う場合に現れます。
 
この新機能により、Appleデバイスでいつ、どのようなタイミングで個人情報が取得されているかがわかるようになり、透明性の確保につながるといわれています。
 
Appleは公式ウェブサイトのプライバシーのページでプライバシーの重要性を強調しています。

Appleは、プライバシーは基本的人権であると信じています。
 
あなたのApple製デバイスには、数多くのあなたの個人情報、つまり非公開のままにする権利があなたにある情報が入っています。
 
例えば、ランニングのあとの心拍数。一番先に目を通すニュース。最後にコーヒーを買った場所。訪れたウェブサイト。電話やEメール、メッセージの相手など。
 
すべてのApple製品は最初から、そのような個人情報を保護できるように設計されています。
そして、何を誰と共有するかを決める選択権はあなたにお渡しします。
 
優れた体験をするために、あなたのプライバシーと安全を犠牲にする必要はない。
Appleはそのことをこれまで繰り返し証明してきました。優れた体験とは、逆に、
プライバシーと安全を支えることができるものなのです。

Apple

プライバシーロゴに隠された意味とは?

次のメジャーアップデートで導入されるプライバシーロゴを目を凝らして見てみると、スマイルマークが浮かび上がってきます。
 

 
テック企業のスマイルマークの使用は、これまでも多く行なわれてきており、例えばAmazonのロゴにもスマイルが隠されていることが知られています。
 

 
 
Source:Business Insider
Photo:@CraftyDeano/Twitter
(lexi)